元ニートが30代米国株投資家。高配当とS&P500インデックスファンドで富裕層を目指す!

元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ

投資

【2021年8月】資産2200万円超え、仮想通貨の後押しか

 

総資産2200万円突破しました。

↑MoneyForward上では2187万円ですが、含まれていない安田生命 じぶんの積み立てが45万円分を入れると2200万円超えしました。

 

【1000万円から4年】総資産2000万円達成しました

 

2000万円を超えたのが2021年4月、そこからたったの4ヶ月で200万円増えたと考えると資産が資産を生むというのを実感しました。

4ヶ月で200万円増えた要因を解説しますので、これから資産形成したい。投資を始めたいという方は10年お金を貯めるとこのぐらいできるんだと参考にしていただければと思います。

2021年8月 仮想通貨が爆上げ

ビットコインが300万円前半から500万円オーバーになりました。(2021年8月現在)

2021年7月にビットコインを買い始めた理由

2021年7月にビットコインを買った後、8月に暴騰しました。

タイミングが良かっただけ、運のみですが資産額増になりました。

 

ビットコインだけでなく、リップル、ビットコインキャッシュもホールドしているので仮想通貨がトータル70万円あります。含み益50万円くらいで仮想通貨がもっと伸びるのを信じて今後もガチホします。

中山ゆう
仮想通貨のボラティリティが高すぎるので無理しない範囲で今後も買っていきたいです。

S&P500が過去最高額

S&P500が4400ポイントを突破しています。(2021年8月現在)

1年前は3000ポイント前半だったので1.4倍になっています。

現金を除く資産の6割がS&P500なのでこの価格上昇の恩恵をモロに受けています。

中山ゆう
インデックス投資の王道はS&P500です。余計なことをせず、ただS&P500を買えばいい簡単な作業で資産は増えていきます。

ボーナス支給額がUP

世の中がコロナでボーナス減どころかボーナス支給なしという会社も少なくない中で、夏のボーナスがしっかり出ました。金額も上がっていたおかげもあり、資産が増えました。

コロナショック以降、投資による資産上昇ばかりに目が向きがちですが、毎月の給料やボーナスが増えるようにしないといけません。

中山ゆう
給料が大なり小なり増えるとモチベーションが上がります。

現金比率が7割もある

一部安全資産を残して全て株に投資するのが一番資産増加を期待できます。

その一方でコロナショックのような大暴落があると資産が4割減、場合によっては半分以下になりかねません。

 

安全資産があれば、口座の数字に過ぎないので気にしなければいいのですが、2000万円のうちの1000万円が溶けたら、日々の仕事や趣味に対するモチベーションが激減するでしょう。

自分にとって無理ない範囲での投資が今の毎月13万円の積み立てがちょうどいいのです。

年間150万円投資に充てて、現金が100万円増えるのを目標にしています。

 

twitter上では入金力を上げていくのを煽るポストを見ますが、自分のペースで資産形成しましょう。

自分の許容量を超える投資額は狼狽売りにつながります。

最後に

まとめ

  • 仮想通貨暴騰で資産増
  • S&P500過去最高額突破
  • 収入アップで資産増を目指そう

4ヶ月で資産が200万円も増えたのは仮想通貨・株の急騰の後押しがありました。

コロナショックで株価暴落で資産が激減した際は総資産1400万円まで下がりました。

そこからたったの1年半で800万円増と考えると、この調子で仮想通貨や株価がグングン上がっていけば1~2年で3000万円まで到達できるかもしれません。

 

一方で株価が高値水準とも言われているので、どこかのタイミングで調整が入り、暴落するかもしれません。

そのときに株を、仮想通貨を買い増しするためにキャッシュポジションは厚めに持つべきです。

資産を大幅に増加させている人は、暴落しても持っている投資商品を狼狽売りせず、むしろ買い増ししています。

中山ゆう
資産の増加に一喜一憂せずに、コツコツ積み立てしていきます。
  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-投資

Copyright© 元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.