元ニートが30代米国株投資家。高配当とS&P500インデックスファンドで富裕層を目指す!

元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ

仮想通貨

2021年7月にビットコインを買い始めた理由

中山ゆう
今まで買い増ししてこなかった仮想通貨、ビットコインを購入しました!

 

昨年よりも急騰したビットコイン、2021年5月に暴落してからビットコインに関する煽りは少なくなりました。

なぜ、今ビットコインを買うの?とお思いでしょうが、今こそ買い!と思った理由を紹介します。

この記事を読んでほしい人

  • 仮想通貨に興味はあるけど、まだ手出ししていない
  • ビットコインを保有しているけど価格が下がったので売ろうかと考えている
  • 仮想通貨、ビットコインに未来があるのかわからない
  • 将来は資産家になりたい
中山ゆう
ビットコインに未来あり!将来は1000万円以上になる未来を信じています。

仮想通貨、ビットコインの上昇を信じてやまないからこそ買った理由を説明していきます。

1btc=350万円で購入を決意

2021年5月に下落し始めたビットコインが350万円で落ち着き始めたので買いました。

1月半、板を観察していましたが当分この水準よりも大きく上昇、下落ともないだろうと踏んでの購入です。

 

 

一時期は1btc=600万円以上になりました。

1000万円を超えるのでは?と、まだまだビットコインは安い。どんどん買うべきと煽っていた人がtwitter上ではみられました。

今やそんなことを言い続けている人はいませんが、しれっとまだtwitterを続けている人も少なくないですね。

中山ゆう
twitterの煽りは話半分で聞きましょう。極めてごく一部の声が大きい人が目立ちますからね。

 

急騰する都合のいい未来を夢見たくなりますが、そうそう起こり得ませんから。

大量に購入せず小額ずつスポットで購入していきます。

 

値動きに不安を感じるかもしれませんが、ビットコインは下記、coincheckから買うことができます。

以下よりcoincheckで口座開設が可能です。

coincheckの口座開設はコチラ

1年スパンでは上昇・下落を覚悟

1btc=350万円が底ではない可能性があります。

2020年末および2021年初めに購入した人はまだ含み益が出ています。

半年前ですら350万円よりも安かったのですから、1年後200万円台になっていたり、逆に400万円を超えていることだって考えられます。

それくらい仮想通貨のボラティリティが高いのは覚悟の上です。

中山ゆう
ビットコインを短期保有するつもりはありません。5年はホールドします。

 

めちゃくちゃ下がって紙切れになる可能性は依然ありますし、逆に3000万円になっているのだってあり得ますからね。

宝くじを買うよりもビットコイン、夢のある投資対象ではあります。

4年後の半減期に急騰するはず

4年に一度、ビットコインのマイニング報酬が半減します。

ビットコインの採掘できる量には限りがあります。

地球上に存在する金が一定量と同じなのでビットコインはデジタルゴールドと呼ばれています。

 

限りがあるからこそ希少性があるので価値が上がるはずです。

埋没量が減れば減るほど、欲しい人がより高値で購入していく未来にbetしたいからビットコインを買います。

10年後、ビットコインが欲しいと思っても1btc=5000万円になっていたら、そこらの会社員だと容易に購入できませんよね。

 

次の半減期が約4年後と言われています。

供給量が落ちる時期にまた上がるから今のうちに少しずつ買い進めます。

 

今以上に値上がりすることが期待しているビットコイン。coincheckならば積み立てもできます!

以下よりcoincheckで口座開設が可能です。

coincheckの口座開設はコチラ

現金比率が高いからこそ、できる挑戦

中山ゆう
1500万円現金があるので、リスクの高い投資対象にも手を出せます。

米国株、S&P500インデックスファンドなども購入していますが、資産の比率からするとせいぜい3割です。

残り7割は現金保有しています。

 

その理由としては、株価が高値水準にある今、キャッシュポジションを高めています。

12〜13万円/月 積み立てをしています。この金額は平均以上なのでこれ以上、無理に株・債券を買うつもりはありません。

 

現金をガッツリ持っているので、病気になったり、会社が倒産したり、家族に何かあっても金銭面で困ることはほぼないでしょう。

余裕資産を持っているので仮想通貨を買ったとしても問題なしです。

仮想通貨は投機、夢を買う行為

株を買って企業を応援できます。

仮想通貨は誰かのために役立っていません。自分が儲けたいがための行為にすぎません。

周りを出し抜いて、自分がより儲けたいというのは重々承知しています。

 

資産に余裕があるときに仮想通貨を購入して、昨年からの爆上げのようなことがまたあれば資産が10倍になっても不思議じゃありません。

そういう夢として仮想通貨を買っているのです。

宝くじを買っているから金の亡者だな!と思いますか?

夢を、希望を買っている点では一緒ですね。

中山ゆう
会社やプライベートで投資好きじゃないコミュニティで仮想通貨を購入している話をするのは抵抗感があります。

 

仮想通貨=怪しい という印象を持っている人の方が世の中に多いですから。

知っていて、購入している人がまだまだ少ない今のうちに買い進めます。

最後に

まとめ

  • 2021年7月現在1btc=350万円前後で落ちつく
  • 仮想通貨、ビットコインのボラティリティは高いので要注意
  • 仮想通貨は投機

ビットコイン、いつか買いたいとタイミングをずっと待っていました。

今がその時なのかどうかは別にしても、購入した以上は長期保有します。

 

もともと、リップルやビットコインキャッシュのような有名なアルトコインは買っていました。

ビットコインは買っておらず、アルトコインの価格はどうしたってビットコインに引っ張られていくのをみて、仮想通貨を買うのならばビットコインは持っていたいと思うようになりました。

 

ビットコインが今後伸びていって資産として認められるのか、はたまた紙切れとなって仮想通貨自体の存在が消えゆくのかは誰にもわかりません。

夢を追う投資対象としてビットコインを買った。という報告です。

今、ビットコインを買うかどうか悩んでいる人は、この記事を鵜呑みにして購入するのではなく、本当にその仮想通貨が信じられるのか考え抜いた上で結論を出してください。

僕もビットコインを買うまでに半年以上も時間がかかりましたからね。

 

5年後、ビットコインが急騰して億り人になりました。という記事が書けていれば最高ですね。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-仮想通貨

Copyright© 元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.