元ニートが30代米国株投資家。高配当とS&P500インデックスファンドで富裕層を目指す!

元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ

仮想通貨

仮想通貨を総資産の意識の外に置こう

2021年5月9日

仮想通貨は持っていますか?

仮想通貨にどっぷりハマり込んで資産の大部分を占めている人は少ないかもしれません。

  • アセットの数%程度は仮想通貨にしている。
  • 遊びで5万円分、以前にビットコインを買った

投資をしている人の中なら仮想通貨を持っている人は少なくないです。

中山ゆう
僕の友人も、なんらかの仮想通貨を持っています。

2020年末〜2021年5月現在、ビットコインだけでなく主要なアルトコインも含めて暴騰している現状です。

仮想通貨の価格が上昇するに伴い、資産も増えていて、総資産最高額達成の一助になっている人は多いでしょう。

この記事を読んでほしい人

  • なんとなく買っていた仮想通貨が暴騰して資産が急拡大した
  • 今後も仮想通貨を買い増すか検討している
中山ゆう
僕の総資産が2000万円を超えたのは仮想通貨のおかげです。

過去最高の金額をどんどん突破していく仮想通貨を総資産の中に入れず、別枠で見た方がいいです。

仮想通貨を別のカゴに盛ってなんなら意識の外側におくべき理由を紹介します。

仮想通貨を持っている人は資産形成の参考にしてください。

仮想通貨で増えた資産が今後どうなるかは誰にもわからない

↑XRP(リップル)の1年間の値動きです。

2121年5月現在では170円台ですが、1年前は20円そこそこでした。

8倍以上に暴騰になります。

中山ゆう
2019年にXRPを買ったので30円そこそこで買えました。

僕の場合はアルトコインが3種類、2021年5月現在では合計100万円以上となります。

総資産が2000万円なので、アセットの5%以上が仮想通貨となってしまいました。

当初は3%未満にすれば上がっても下がっても問題ないと考えましたが、予想以上に金額が上がり、その割合が増えました。

 

この100万円については資産と考えていません。

運良く儲かった100万円がある!

そう思うと、攻めた投資がしたくなります。

普段買わないようなリスクの高い投資商品を買ったり、今まで節約してきたのに儲かったから良い外食をしようと行動が変わってしまうことを恐れています。

急に資産で攻めた投資をしがち

以前、購入していた仮想通貨を放置していただけで、多額の資産を気づけてしまった人は少なくありません。

↑で述べた通り、僕自身100万円以上もの大金をなんの苦労もなく、稼げてしまいましたからね。

大きく稼げてしまった経験をもう1度、おいしい思いをしたいと考えてしまうのは人間なんで避けられません。

そんな無理な投資を避けるためにも今持っている仮想通貨を意識の外に置いて忘れべきです。

仮想通貨の気絶投資法

インデックスファンドのパフォーマンスが一番高いのは、亡くなった人と忘れていた人だ。と言われるように放置しているのが一番儲かるのかもしれません。

僕はXRP(リップル)とBCC(ビットコインキャッシュ)を買ってから2〜3年放置していました。

放置というより仮想通貨取引所に口座があったことすら完全に忘れていたのでした。

その結果、気づいたら10万円そこそこ入金していた仮想通貨が100万円以上に化けていたのです。

仮想通貨においても、安い時期に仕込んでおいて気絶投資法を知らず知らず使えば資産拡大につながるのです。

 

一方、資産の大半が仮想通貨という方がいます。

そういう方は資産の変動が大きすぎるので値動きは追うべきですし、必要に応じてポジションを変える必要があります。

インデックスファンドが風で前に進むヨットなら、今の仮想通貨は波が強い日にサーフィンです。

仮想通貨を資産の大半にするなら、波を読み、乗りこなす必要があることを肝に銘じてください。

仮想通貨を買い増しすべきか?

今後も仮想通貨が伸びていくと信じるならば買うべきです。

仮想通貨がバブルで近々暴落するという人もいますし、むしろ、今は安い。今後はもっと価値が上がると読んでいる人もいます。

 

仮想通貨がどうなるかなんて誰にもわかりません。

しまった!仮想通貨を買うのに遅れたと悲観する必要もありません。

そう思うのならば今、この瞬間から買ってもいいのです。

 

僕が仮想通貨の存在を忘れて放置していた仮想通貨取引所はcoincheck(コインチェック)です。

仮想通貨取引所は過去ハッキングされたり、自分の資産が守られるのか不安になりますよね。

coincheckhはシステムの安定性、セキュリティ認証強化や短時間でスムーズな取引を保証する堅固なサービスを持っており、利用者の預り金は経営資金とは完全に分離して管理されています。

取扱通貨数No.1、非常に使いやすいのでcoincheckの口座を↓から開きましょう。

コインチェック

最後に

まとめ

  • 仮想通貨で資産が急増したからといって一喜一憂すべきでない
  • 仮想通貨を意識しすぎない
  • 安いと思うなら買う、高いと思うなら買わない

昨年末より仮想通貨の暴騰、他人事のように見ていて完全に意識に外にありました。

そういえば、2〜3年前に仮想通貨買っていたなと思い出したのでした。

 

まさか、インデックスファンドではなく仮想通貨で気絶投資法を行っていたなんて気づきませんでした。

気づかなかったからこそ、気絶投資法でもあるのですが・・・。

 

今、仮想通貨、仮想通貨と盛り上がっているからこそ、乗り遅れてはいけないと慌てて何も考えずに買うのはやめましょう。

本当に買う価値があるのか、今後も上がり続けるのか検討した上で買うべきです。

中山ゆう
中山は少しずつbtc(ビットコイン)を買い進めています。

良き仮想通貨生活をお過ごしください!

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-仮想通貨

Copyright© 元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.