元ニートが30代米国株投資家。高配当とS&P500インデックスファンドで富裕層を目指す!

元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ

米国株ETF

【2022年3月】QYLDの配当金は1株あたり$0.202

2022年2月22日に3月分QYLDの配当金が発表されました。

0.202022ドルでした。

 

毎月の楽しみはQYLDの配当がいくらになるか!と考えているQYLDホルダーの方も少なく無いはずです。

仕事や家庭で疲れた体を癒してくれるのは来月の頭に入ってくるお小遣いですからね。

1万円になるのか、2万円になるかでランチに行ける回数、タバコを吸う本数、朝に飲むのが缶コーヒーかスタバでキャラメルマキアートのどちらを飲むかが変わってきます。

中山ゆう
日々の生活の中で小さいことですが、ランチで松竹梅のコースでお金がないと梅を選びがち。竹を選ばせてくれるのは配当金があるからです。

この記事を読んでほしい人

  • QYLDを購入していて今後の配当金が気になる
  • これからQYLDを買う予定がある
  • 高配当株投資でどれだけ配当金が得られるのか知りたい

そんなQYLDの2022年3月配当について解説していきます。

2022年2月の配当と比較

【2022年2月】QYLDの配当金が 前月の半値以下なった

2022年2月配当が0.203ドル、ほとんど変わりなしです。

後述解説しますが、2022年2月22日現在、株価が急落中QYLDなのでもっと配当金が減るのでは?と不安に思いましたが、とりあえず、2022年3月配当については現状維持でホッとしています。

中山ゆう
来月以降予断を許さないですが、今後、配当金がアップするのか不安です。

実際に入ってくる配当金

0.202ドル x 450株 =10,400円(90.9$)

なんとか、毎月1万円の配当金は死守できました。

今月はドル転をしておいた資金を使って約10万円分、QYLDを40株追加投資しました。株価が下がっていたのでここで追加投資しておいて今は評価額が下がったとしても、配当金をもらいながら5年10年スパンでは株価も上がって資産が増えていればOKと考えたからです。

まさか・・・ここからさらにQYLDの株価が下がるとは思いもよりませんでした。

 

高配当な株を1株からお手軽に購入するならLINE証券がオススメ!僕もLINE証券の口座を作って、会社の昼休みにスマホをポチポチしながら高配当株を購入しています。以下より口座開設可能です。

LINE証券の口座開設はコチラ

2022年2月 QYLD暴落

この1年間のQYLDの値動きです。直近、2022年2月22日で20ドルを割っておりまして、19.8ドルです。

中山ゆう
まさかQYLDがここまで落ちるとは想像できませんでした。

いやあ・・・このまま下落し続けて18ドル、17ドルと下がり続けたならば今の配当金よりも下がっていくでしょうね。

僕がQYLDを買い増ししたのは20.2ドルの時でした。この辺りが底か?と予測して指値しましたが見事に外しました。

 

QYLDですがトータルで110万円分とそこまで多く無いので仮に2割、3割下がってもホールドし続けますが、これ以上QYLDを買い増しするかは今後の株価を見てから決めます。

配当金の魅力はありますが、浜辺で足先に海水でピチャピチャかかって遊ぶ分にはいいですが、腰までどっぷり浸かれば場合によってはビッグウェーブがやってきて2度と陸に帰ってこれなくなるかもしれませんからね。

中山ゆう
自分にとって無理ない範囲で投資しましょうと言われますが、株価下落局面だと身に染みて感じます

最後に

まとめ

  • 2022年3月のQYLDの配当金は2月と変わらない
  • QYLDの株価下落で今後の配当が不安

2022年3月は前月比で配当金はほぼ維持でした。ただ、2022年2月22日で株価が20ドルを割っているのを考えると、この価格もしくは更なる下落をすると配当金は下がる可能性がそれなりにあります。

2021年12月にQYLDを100万円分、ノリで購入しました。

【史上最悪の】QYLDを100万円分購入します【二日酔い】

今考えれば高値掴みでしたが後悔はしていません。

いずれ、株価は同じ水準に戻ると信じて、それまでは配当金をもらいながらゆっくりと待ちます。

同じQYLDホルダーでこの記事をご覧いただいている方々も今は寒い冬でしんどいかもしれませんが、暖かい春の兆しが見えるまで一緒に頑張りましょう。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-米国株ETF

Copyright© 元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.