30代米国株投資家。働いたくない!けどより豊かに。高配当ニートになるぞ!

元ニート、米国株ETFでガチニートを目指すブログ

マリンスポーツ 旅行

石垣島、宮良川でマングローブを堪能!カヌー(カヤック)するなら らぐ〜んがオススメ

ハイサイ!石垣島に来たから水辺のアクティビティは絶対したい!でも、激しすぎるのは苦手という人にオススメなのがカヌー(カヤック)です。

こんな人にオススメ

  • 子供、お年寄りでも参加可能!家族、みんなで楽しみたい
  • 移住した人ならではの石垣島情報を知りたい
  • ツアーが90分なので帰りの日にも楽しめる
  • 激安、コスパよし!

今回、僕がお世話になったのが、らぐ〜んでした。

90分のカヌー(カヤック)ツアーが激安、安すぎたので不安でしたが良い意味で裏切られましたね。価格も後ほど解説します。

そんな、石垣島 宮良川でカヌー(カヤック)体験、らぐ〜んを紹介していこうと思います。

石垣島旅行者で1〜2%しか参加しないカヌー(カヤック)体験

石垣島でカヌー(カヤック)を体験する人は2%弱です。

石垣島といえば綺麗な海、ダイビングやシュノーケリングがメインで行く人も少なくありません。

もちろん、僕もダイビングをしました。その記事は↓をご覧ください。

石垣島でダイビングにはGLOBAL DIVE その評判、口コミを紹介します

カヌー、カヤックは意外と検討されない方も多くいてもったいない!

らぐ〜んの予約はこちら

今回は意外と選ばれてこなかったカヌー(カヤック)の魅力を紹介していきます。

持ち物

  • 靴下
  • 濡れてもいい格好

カヌー(カヤック)体験ですが、あんまり濡れません。

場合によってはカヌーがひっくり返ってびしょ濡れということはあるかもしれませんが、僕の体験中は1度もなかったので、よほどのことがなければ転覆、全身濡れることもないかと思います。

もしも心配なら水着を着て、上下濡れてもいいハーフパンツとTシャツくらいでいいかもしれません。

一緒にいった友達は水着を着ていましたが、逆に水着が密着して大汗をかいて不快だったそうです。

 

ただ、カヌーなので足元は水が入ってきます。

らぐ〜んでは長靴を貸してくれるので多少の水は問題ありません。

長靴を借りる条件として靴下必須なので、暖かい石垣島だから裸足サンダルでいいやと思っている人も多いかもしれませんが、100円均一で買った靴下でもいいのでバッグに入れておきましょう。

トイレ、着替え施設あり

海辺のアクティビティだと、着替え施設がなくて、ほぼ外みたいなところでコソコソ着替えるなんてことも少なくありませんが、らぐ〜んでは着替える室内があります。

屋内にトイレがありますので、女性やお子さんがいる方でも安心できます。

アクション多めのツアー

らぐ〜んでのカヌー(カヤック)体験は過激です。

もちろん、良い意味でですよ。

 

カヌー(カヤック)の乗り方を陸上で教えてもらいます。パドルの持ち方、漕ぎ方などを教えてもらうと、さあ、宮良川に用意してくれているカヤックに乗り込むだけです。

カヤックの中にお茶がおいてくれています。

パドルを漕いでいると、汗をかくし喉も乾きますのでこのお茶の重要性が後々わかってきます。

ツアーで一緒する人全員が水面に出るまでパドルを漕ぐ感覚や曲がり方、Uターンしてみたり、カヤックの操作を練習します。

全員が水面で準備ができました。ツアーの開始です。

先頭にいるおじさん(オーナー)に遅れをとらないように一生懸命パドルを漕ぎましょう。

なんで先頭付近にいるといいのかはおじさんの話が面白いので聞き逃さないポジションどりが大事、おじさんの話は後ほど解説します。

マングローブの下をくぐるアクションが何度もあります。

上体を反らしながら、時にはマングローブを掴み、カヌーをなんとか突き進めていく、アクション感覚が味わえます。

大人より、むしろ子供のほうがこういう狭いところに激しくかき分けていくのは上手だったりするので、お父さんが苦戦して、お兄ちゃんと弟のほうがカヌーをうまく操作して、楽々やっていることがあります。

 

そんな、ちょっと刺激はありますがご高齢の方、子供も参加されてなんなくこなしていたので安心して参加してみてくださいね。

らぐ〜んの予約はこちら

脱サラしてカヌー屋をはじめたオーナーの話が面白い

↑でおじさん(オーナー)のカヤックのそばにいた方がいいといった理由、おじさんの話、めちゃくちゃ面白い。

脱サラして10数年前に石垣島に来たおじさんなので、昔は僕らのような旅行客と一緒の都会で満員電車に揺られて通っていた会社員、学生を経ての脱サラして石垣島でカヌー屋なので僕らの気持ちをつかむのがうまいんです。

石垣島の気候、産業、食事、自然、宮良川のマングローブ、石垣島好きな芸能人といったミーハーな話まで、幅広くて、カヤック体験以上に面白く感じるかもしれないのが、おじさんの話です。

おじさんの話、色々書きたいですがこれは実際にらぐ〜んでカヌーに乗って、聞いてください。生に限りますからね。

運良く、帰りはおじさんの車で送迎してもらいましたが、その際も石垣島の産業の話を聞かせてもらったり、サービス精神旺盛で元気いっぱいのおじさん自体が一番の魅力じゃないかと思いましたね。

730交差点から宮良川まで遠い

カヌー体験をする前日にタスターミナルで時刻表を確認していると、バス停の職員さんが声をかけてくれました。

「宮良川まで、バスの乗ってどれくらいですか?」

「宮良川?ここからだと10分ぐらいですね」

 

あー、結構近いんやと思いましたね。

実際にバスに乗ったら宮良川まで30分かかりました。

余裕を持ってバスに乗ったはずが集合時間に遅れて、らぐ〜んのおじさん(オーナー)してが心配くれて電話までいただきました。

 

石垣島の市街地に泊まっているなら早めにバス、レンタカーに乗りましょう。旅先でめちゃくちゃ慌てるのは嫌ですよね。

価格

¥3,000です。

下記のじゃらん経由ですと大人は¥3,000、めちゃくちゃ安い!笑

らぐ〜んの予約はこちら

ここまで解説した通り、価格は安いですが満足度合いは高く、こんな激安価格でこれだけ楽しめるアクティビティは少ないと思います。

帰りは送迎してもらえる場合あり

じゃらんからの予約ですと送迎までプランに含まれていません。

送迎が含まれていないからこその激安プランなのかもしれません。

 

参加した会は僕を除いてレンタカーで来ている人しかいなかったのもあり、カヤック(カヌー)体験終了後にオーナーに730交差点まで送迎いただきました。

例外なケースかもしれませんが、大人数での参加やその時々で送迎いただける場合もあるかもしれませんので、その場合は直接、らぐ〜んさんに相談してみてもいいかもしれません。

最後に

石垣島を旅行する人のたったの1〜2%しかカヌー(カヤック)体験をしないのはもったいない、やれば大人も子供も楽しめます。

ちょっと運動は苦手だけど・・・でも、自然とは触れ合いたいという人ほどオススメです。カヤックで汗かいたあとに食べる八重山そば、おいしいですよ!

石垣島でお腹いっぱい朝食を食べるなら、あらかわ食堂がおすすめ

僕は朝食を↑で紹介しましたあらかわ食堂で牛汁をがっつり食べてから、カヤックに乗りましたが、カヤック後にお腹が空くぐらいのカロリー消費量でした。

カヤックでお腹をすかせて、石垣島グルメを楽しんで2度おいしいです。

石垣島に旅行する先はらぐ〜んで、カヌー(カヤック)体験をして、大自然を堪能してください。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-マリンスポーツ, 旅行

Copyright© 元ニート、米国株ETFでガチニートを目指すブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.