元ニート、ひきこもりを経験、低スペックでの生き残り方を紹介しています。

劇団よつば座

グルメ 旅行

石垣島でお腹いっぱい朝食を食べるなら、あらかわ食堂がおすすめ

2020年1月20日

旅行先でホテルの朝食付きプランはついているけど、ちょっと早起きして、朝ごはんがおいしいお店を新規したくなりませんか?

こんな人にオススメ

  • 石垣島らしいご飯が食べたい
  • アクティビティ前にお腹いっぱい食べてスタミナをつけたい
  • 肉大好き、いくらでも食べられる

石垣島で朝ごはんがおいしいお店はたくさんあるかもしれませんが、朝からダイビング、シュノーケル、カヤックといった体力を使うアクティビティの前には、ボリュームのある肉を食べられるあらかわ食堂がオススメです。

そんな石垣島で全力で遊ぶ日には、朝食でスタミナをつけることができるあらかわ食堂を紹介していきますので最後までご覧ください。

場所

ホテルが多くあります730交差点付近からかなり歩きます。ブルーキャビンという市街地のど真ん中にあるところに宿泊していましたが、徒歩20分、真っ暗な中を進んでせいか距離を感じましたね。

ただ、730交差点からですと、道はほぼまっすぐですので迷うことはないかと思います。

営業時間

月〜土 7:00〜17:00 (L.O 16:30)
※売り切れ終了あります。
定休日は日曜日

開店時間の7時に行ったところ、お客さんは僕と友人の2人だけでした。

閑散期の1月というのもありますが、ホテルが乱立しているエリアから徒歩20分かかるのも影響しているのかもしれません。

朝早くからのアクティビティ前に往復40分かけて、食事をしている余裕がないことが少なくありませんから。

朝食メニュー

◎メニュー

  • 牛汁(ライス付き)  900円
  • 牛汁小(ライス付)  700円
  • 牛そば大  850円
  • 牛そば中  700円
  • 牛そば小  550円
  • 八重山そば大  650円
  • 八重山そば中  500円
  • 八重山そば小  350円
  • 八重山そばミニ  100円
  • ライス  150円
  • 牛めし  650円
  • カレーライス  650円
  • タコライス  800円

朝食は限定メニューといいつつも、牛汁、牛そば、八重山そば、牛めし、カレーライス、タコライスと豊富で迷いました。

牛汁(ライス付き)

「ライス大盛りにしますか?」と聞かれましたが、普通でいいですといい、朝だし、ご飯の量を普通にすればそんなに量が出てこないと思っていたのを裏切られました。

牛汁、すくってもすくっても、牛肉の塊が出てきます。
とろっとろでおいしいんですけど、多すぎます。

これ、ご飯大盛りにしたら食べきれてないと思いますし、もしも、そんなに量が食べられない女性、食の細い男性は牛汁 小にしてライスも少なめにしましょう。

写真だとわかりにくいのが残念でしたが、大食い自慢、お腹が空いている人はご飯を大盛りにして食べてみてください。

ひたっひたの濃厚な汁をご飯につけて、牛塊と一緒にかきこむと最高においしいです。

牛そば中

これは牛そば中です。麺の量が中だと200g,、大だと300か350gだったはずです。

牛そば 中の麺の量は普通くらいですが、これもまた牛肉の塊がたくさん乗っています。

700円とは思えないボリュームの牛肉なので、飲んだ後に濃厚な牛そばを食べたいと思いましたが、夜は空いていないようで残念でした。

濃厚なスープ、麺、牛肉塊、高カロリーで思いっきり殴られる感じがたまりません。

フーチバー(よもぎ)入れますか?

店員さんに「よもぎ、入れますか?」と聞かれます。

牛の臭みを消すためによもぎを入れることができます。

パクチーが苦手ですとちょっと苦手な風味かもしれません。

別皿に盛ってもらえるそうなので、少し試してからどんぶりに投入するのがいいかもしれませんね。

店内

お店は定食屋感たっぷりです。

漫画いっぱいありまして、WORSTとか闇金うしじまくんとか、好きな漫画がたっぷりあったので半日ぐらい過ごしたくなる空間でしたね。

小上がりの座敷席があるので、子供と一緒の方でも安心ですね。

最後に

八重山そば選手権2017 オリジナル汁そば部門でグランプリを取っているだけあって、おいしいです。

 

脳を牛汁で揺さぶって強制的に起こされるような、これから石垣島で力いっぱい遊ぶ人にはオススメです。

1日中座りっぱなし、動かないような活動をするのなら、カロリー取り過ぎになるので遠慮したほうがいいかもしれません。そのくらいのボリュームなんです。

このあと、僕はカヤックに2時間乗りましたが、それでもお腹はまったく空かず、昼ごはん?うーん、やめとくわとなりました。

朝から1日のカロリーを全摂取して、体をしっかり動かしてカロリー消費をする人にとってのパワーフード、それがあらかわ食堂にありました。

ダイビング前にはオススメしたいところですが、食べすぎて船酔いには気をつけてください!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-グルメ, 旅行

Copyright© 劇団よつば座 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.