30代米国株投資家。働いたくない!けどより豊かに。高配当ニートになるぞ!

元ニート、米国株ETFでガチニートを目指すブログ

IT 買ってよかったもの

低価格、高性能なXiaomi Mi Smart Band4レビュー 使ってみた感想を紹介します

中山ゆう
apple watch欲しいけど、高いし、でも、活動量計欲しいし・・・とお悩みの方にオススメです。

スマートウォッチですが同僚、取引先などでしている人がちらほらいまして、主にapple watchが多いのですが「何それ?」とツッコまれることも少なくなったくらい浸透しているのかもしれません。

こんな人にオススメ

  • 安い
  • 軽い
  • 健康に関心あり

活動量計を生活に取り入れてみたい、できれば安いので試してみたいという人にはオススメです。

そんなXiaomi Mi Smart Band4を紹介していきます。

Xi Smart Band4に含まれているもの

◎Xi Smart Band4の付属品

・本体
・リストバンド
・専用ケーブル
・取扱説明書

実質、Mi Smart Band4本体と専用ケーブルのみとシンプルな中身です。

余計な付属品がないからこそ安くなっているというところでは、ユーザー目線の商品と言えるとおもいます。

メリット

・価格が安い(¥3,500)
・軽い
・睡眠分析ができる
・LINE、カレンダーなどの通知ができる
・天気予報が見ることができる
・バッテリーの持ちがめちゃくちゃいい

まず、安い。

家電量販店で売っているスマートウォッチをみてきましたが、安くても1万円そこそこするものばかりでしたからね。

めちゃくちゃ軽いので、時計をつけての生活に慣れていない僕でも1日中つけていても違和感がありませんでした。

睡眠分析、通知など一通りの機能があるので、スマートウォッチを持って生活するのがどんな感じなのかがわかるかと思います。

デメリット

・安っぽい
・充電が専用ケーブルじゃないとできない
・常時点灯てきない
・バンドの固定が弱い

価格が¥3,500なんで、モノも安っぽいです。これで高級感がある方が怖いですね。

ファッション感覚でつける商品ではありません。

常時点灯ではありませんので、時計としては使い勝手がよくありません。

しかし、常時点灯しないためかバッテリーの持ちがいいです。1週間以上、充電不要です。

iPhoneでもアプリとの連携がいい

Mi FitというXaiomiのウェアラブルと接続するアプリを用います。
Mi Smart band4以外でも使用できますので、今後Xiaomiのウェアラブルを購入したくなった場合は一括管理することができて便利です。

Xiomiのスマートフォンはandroidなので、androidアプリとの連携が最適化されていて、iPhoneアプリはどうなのかと不安でしたが接続は問題なく、スマートフォンやウェアラブルをあまり使わない人でも戸惑わずに連携が取れると思います。

尚、このMi smart Band4単体での使用はできず、必ず母艦となるスマートフォンと連携させなければならない性質上、使いやすいアプリがあるのは重要な要素でしたので安心しました。

睡眠分析が細かくて便利

Mi Smart Band4をつけて眠ると、深い眠り浅い眠り覚醒時間の3種類を測ってくれます。
この機能はApple Watchについていないので、睡眠の質をしっかり測りたい人にはオススメしています。

オレンジ色の覚醒時間は、洗濯機の乾燥が終わったのを知らせる音が鳴った際に目が覚めて、当分寝られずに電子書籍を読んでいた時間なので正確なのがわかります。

平均の睡眠データと比較してくれて、いつもより寝る時間や起きる時間が早いのかや睡眠時間、深い眠りの長さを測ってくれます。

同じ地域に住む、同年齢の人との比較もしてくれます。
年代によって睡眠時間や深い眠りが異なるので、同じ属性の人との比較ができるので、睡眠の質の向上にも役立ちます。

バッテリーが最大で20日持つ

設定にもよりますが、Mi Smart Band4を一番軽い設定にすると20日、充電しなくとも使用できるとのことです。

実際、アラームや通知など様々な設定をするとバッテリーの消耗が激しくなるので、僕の実感だと1週間は充電なしでも問題ありませんでした。

1週間くらい海外出張に行くという人でも、充電する必要もなく、防水なのでシャワーを浴びる際に外す必要がないので無くす心配もありませんよね。

常時点灯しないのでバッテリーの持ちが良いと思いますし、時計としての機能よりも活動量計として使いたいならアリだと思います。

今まで時計をつける習慣がない人でも問題なし

重さのある時計タイプだと寝ているときにまで時計をつける違和感がある人も少なくありません。

Mi Smart Band4のような軽いバンドタイプだと違和感を感じづらいので終日つけていることができます。

僕はこのMi Smart Band4を手にするまでは時計をつけていませんでした。

会社員だし時計を買って、つけてみたこともありますが左手に違和感を感じる上、デスクワークなのでパソコン上に時計がついていますので、時間を見る機能として時計を必要ともしませんでした。

そんな30年以上、時計をつけてこなかった僕でも、日中、寝ている時、ほぼ24時間つけていられるぐらい違和感がないくらい軽くて、小さいです。

3,500円と格安

Apple Watchだと数万円します。
LINEやSMSの通知はしてくれるし、音楽プレイヤーの操作、ヘルスケアアプリとも連動するので生活の質を向上してくれるので決して高い買い物ではありません。

Mi Smart Band4は睡眠分析から心拍数、歩数計までの機能がついていて、3,500円と安すぎるのです。

スマートウォッチ自体のビジュアルはApple Watchに劣るかもしれませんが機能については、そこらのハイスペックとされているスマートウォッチよりも著しく劣るということはありません。

3,500円ならば、仮に自分に合わないと思ってもそこまで痛くない金額でもありますよね。

最後に

今までスマートウォッチには興味があったけど高いと思っていた、スマートウォッチの機能が本当に必要なのかと疑問に感じていた人にとって、スマートウォッチを試すのにちょうどいいのがMi Smart Band4ではないでしょうか。

何より、安い。そして、活動量計として、ヘルスケア、通知など機能がそろっています。

スマートウォッチが必要なのかどうか、それは試してみないとわかりません。

これがなくとも生活に支障をきたしませんし、むしろ、つけて管理するのがめんどくさいという人もいると思います。

しかし、それは使ってみないとわからないことです。

まずは、このMi Smart Band4を入手して試してみるといいと思います。
僕のように24時間つけて生活する人が増えることを願っています。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-IT, 買ってよかったもの

Copyright© 元ニート、米国株ETFでガチニートを目指すブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.