劇団よつば座

座長がいなけりゃ、演劇もしない。

ブログは毎日投稿するとPVは増える?→増えません。

f:id:cjgg:20190217184056j:plain

タイトルは大げさにつけましたが、毎日ブログの記事を書いてもPVが増えるとは限りません。


当ブログも2年やっていますが、今までじわじわと右肩あがりにPVが増えていましたが、1ヶ月前に一気にPVが1/3に落ちました。


理由はなんだろう?1月は20記事と当ブログにしてはハイペースで書いたのに、なぜPVが減るのかとと悩みました。


今回はそんな毎日投稿とPVについて今回は書いていきたいと思います。


最後までご覧いただけると嬉しいです。

長く続けていると検索エンジンからの流入がほとんど、即PVが増えるSNSの影響が少なくなる


ブログを始めて1〜2ヶ月はGoogleYahoo!といった検索エンジンからブログ記事への流入はほとんどありません。
というのも、ブログや記事が新しすぎてまだ検索エンジンに反映されておらずなので見つけられないのは当然ですよね。


あなたが開いているtwitterinstagramといったSNSで記事更新した発信を元にしてブログにきてくれるのがメインになるんじゃないでしょうか。


その期間を過ぎて、3〜6ヶ月続けていると自然と検索エンジンからの流入の方が多くなってくるケースが多いです。


検索エンジンさんが拾ってくれるまでの期間は耐えろやということです。そこまでは週に1度くらいは更新を頑張りましょう。


SNS以外の流入は記事を書いてから1ヶ月以上かかるのでPVが即増えることはない


ニュース・時事といった鮮度の高い記事はSNS経由ですぐに読まれます。
検索エンジン経由は、検索エンジンのデータベースに登録されてはじめて認知されるので、登録されるまでのタイムラグが最低で1ヶ月はあります。


このブログも95%は検索エンジン経由でご覧いただいています。
記事をアップしてすぐに見ていただけるのは普段からはてなの読者登録してくださっている方とtwitter経由で来てくださる方となります。いつもありがとうございます。
そんな方々がいたとしても、全体の5%以下なので記事を書いたからといって、すぐにPVが倍になるといったことはまずありえません。


長く続けているブログでも、記事がすぐに当たってPVがついてくることは稀といえます。

質の低い、ユーザに求められていない記事ばかりだとブログの価値が下がる


個人的な日記、身内ネタばかりが仕込まれていて、多くの人にとって価値が少ない記事が多いと検索エンジンが価値がないサイトと判断して、その記事はもちろん、ブログの他の記事まで価値が下がり、PVが減ります。


あなたが芸能人やスポーツ選手なら個人的な日記でも読んでくれる人が多いかもしれませんが、名も無いイチ個人でしかないので何かしらの価値がある情報を届けることが大事です。


更新頻度よりも、画面の向こう側の人に役に立つ情報を1記事1記事、丁寧に書くように心掛けなければなりません。
これは僕自身にも言い聞かせています。

記事数とPV数は正の相関関係がある


とはいえ、更新頻度が大事じゃないかというとそうではありません。間違いなく大事な要素です。


記事は貯金です。数が増えれば増えるほど、人目につきやすくなりますし、様々な形での流入が期待できます。


特にブログを始めてすぐで記事数が少ないと、1日のPVがほぼゼロなんてことも少なくありません。




記事数が30記事以下なら、書いたら書いただけPVが増えやすい


まとまった記事数があれば、検索エンジンにひっかかりやすいということと、30記事も書けば雑記ブログでも方向性がなんとなく見えてきます。


この記事はPVが多い、自分が書いてて楽しい、書くのに勉強になったなど、自分自身の気づきが得られるのにかかるのが30記事はかかるのではないでしょうか。


勘の良い人やはなっからブログの方向性を決めている人なら数記事でそのあたりをつかめてくるのかもしれませんが、自分が書きやすいこと、書きたいこと、人から反応があったものなどが見えてくるのにはそこそこ時間と労力がかかります。


30記事書いたころ、少しずつPVが増えてくるのが目に見えて一番楽しい時期かもしれません。

ただし、時代とマッチした記事を書いてホッテントリに入ると瞬間最大風速が吹くことがある


当ブログではありませんが、時代にマッチした記事やタメになり万人に受ける記事がはてなブッロマークのホットエントリーに乗ることで、PVが急上昇することがあります。


そのまま、一気にPVが駆け上がる人もいますし、一過性のもので元に落ち着く場合があります。

毎日記事をあげることで検索エンジンの結果が上位になることはない


毎日投稿がGoogle検索エンジンの結果にプラスには働かないようです。


有用な記事がどれだけあるかが大事で、ただの日記を毎日投稿していてもそのブログに価値があると判断されません。


記事数とPVに相関性はありますが、その記事にどれだけ価値があるのかで伸び幅が変わってきます。

当ブログは夏に書いたプーケット向けインターネット配車サービスの記事が2ヶ月後に当たったおかげもあって、PVが一気に伸びました。


www.yotsubaza.com


他のサイト、ブログにない情報を載せた記事を書けば、高確率で検索エンジンで価値があると判断してくれると理解しました。


毎日投稿する必要はありませんが、価値がある記事を書いて、1〜2ヶ月後のPVをもってして答え合わせをする。その結果で方向性を考えていく必要があります。


僕の場合はプーケット旅行記事を意識的に書いたことで、上記の記事に付随した形でのPV上昇がありました。


最後に


僕のブログが1月にPVが1/3になったのも、書きだめしていた雛形通りのどうでもいい情報しか載っていない記事が連日上がっていたことが原因ではないかと思っています。


はたして、誰にとって意味のある記事か?と問われると疑問に残る記事をあげていたのでそういう結果が帰ってきたのでしょう。


ブログを書いている人の多くは会社員、大学といった限られた時間の中、ブログを書く時間を捻出している人だと思われます。


限られた時間なので、ブログを書かないでソシャゲーをするのがストレス発散になるのならいいですし、本を読んで知識を増やすのもいいと思います。


無理やり、ブログを書かなければならないと思って、適当に書いてしまった記事がブログの価値を下げてしまう悪循環になる可能性だってあります。


僕の場合は土日休みの午前中に記事を書いたり、仕事が落ち着いていて精神的、体力的に余裕がある時に書くように心掛けています。


疲れてブログを書きたくないとき、他のブログで書いた記事を参考にしたりなど、できることはたくさんあります。


ブログを書いてる方にとって、ブログが人生をより良くしてくれるものでありますように。


最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。