元ニートが30代米国株投資家。高配当とS&P500インデックスファンドで富裕層を目指す!

元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ

ニート

ニートの終着点はニート!仕事や投資家は途中経過に過ぎません

2021年3月14日

ニートは増加します。

ニートが増える理由

  • 労働する必要がなくなる
  • 労働時間の減少
  • お金のかからない娯楽の増加

人が働く必要はなくなります。

netflixのような良質なコンテンツが月2000円程度で見れますし、YouTubeならば無料です。

 

勤勉であるのを強いられる世の中ですが、FIREムーブメントでお金があり経済的自由があれば、労働に時間を割く必要が無いと考える人が増えます。

中山ゆう
働くのがダサいと思われる時代はすぐそこです。

 

ニートは次世代の生き方であると、元ニート中山が解説していきます。

働かなくてもいい

世の中の仕事が不要になります。

 

ホワイトカラーワーカー、特に事務職はいずれ消滅するでしょう。

機械の方が正確で早いです。

電話の交換手のように、昔はこんな仕事もあったんだと言われているのでしょう。

 

仕事の総量が少なくなって、「働く=いきがい」という価値観がなくなります。

いきがいが人の数よりも圧倒的に少ないのですから、他の価値観が増えます。

中山ゆう
働く以外の、自己を確立する方法を持つべきです。

 

2021年の世間から蔑まれていたニートですが、四半世紀先には1億総ニート時代がやってきたもおかしくないです。

楽しいことだけをする

人生は短いです。

自分のしたいこと以外をしている暇はありません。

20%のやりがいと80%の我慢の仕事、下手するともっと我慢があるかもしれません。

 

楽しいことだけで1日埋められる人がどれだけいますか?

 

土日は平日の疲れを癒すために午前中いっぱい寝て、午後からは洗濯、掃除の家事をすると1日が潰れてしまい、何もできない。

これだと何のために働いているのか、生きるための仕事で本当にしたいことができません。

 

人生は短いので、やりたいことを全てやりきりましょう。

中山ゆう
ニートなら時間はたっぷりありますよ!

娯楽が安くなった

30年前は自動車に乗り、スキーや海に出かけるような娯楽を多くの若年層がしていました。

お金がかかりますし、みんな同じ行動をするので渋滞で時間をロスします。

 

現在、都会に住まなくとも良質なコンテンツはネットを通じて見れます。

TSUTAYAまで行かずに、毎月2000円払えばnetflixで映画はありますし、何なら地上波よりもコンテンツ力のある独占作品もあります。

毎月2000円すらきついなら、YouTubeの無料動画コンテンツでも面白い、勉強になるものもたくさんあります。

毎月定額で読み放題の雑誌や本だってありますから、安くて手軽にコンテンツが入手できます。

 

少ない支出で一生かけても全てを見ることが難しい大量の娯楽があります。

素晴らしい時代だと思いませんか?

ニートが理想形

僕はニートであったことを1ミリも後悔していません。

何なら今もニートになりたいですからね。

 

暖かい日、10時過ぎに起きて、海まで歩いて行ってぼんやりと眺めます。

飽きたころに年パスを持っている美術館、平日でガラガラな中で作品を見ます。

併設のカフェで本を読んでいると日は落ちて、夕食の準備を始めます。

誰に煽られるでもなく、時間が流れるまま過ごす贅沢ができます。

 

いやいや、休日でええやん。土日でできるっしょ。という人がいます。

平日の疲れを残して半日寝て、平日にできない家事をしないといけないのを考えると時間がなさ過ぎます。

これで友達と飲み会、家族との時間などを考えると圧倒的に時間がありません。

 

ゆったりと自由な時間を過ごすにはニートになるか、電話をかけられない自由な仕事かのどちらかしかありません。

僕は自分が決められる自由な仕事をできる立場でもなければ、能力もないのでニートが理想です。

労働と投資でニートに向かう

ニートから会社員になるのは、ニートに戻るための手段です。

なぜなら、ニート→会社員は成長でも成功でもありません。

 

世の中の流れはニートに傾きます。

ニート経験は今後の総ニート時代にとっては貴重な経験となります。

 

生活するには労働をしてお金を稼ぐ必要があります。

経済的自由を勝ち取るために、

  • お金を稼ぐ
  • そのお金を投資に回す

この2つをやらなければなりません。

お金を稼ぐために会社員になり、(才能があるならフリーランスでもOK)

そこで得たお金を投資に回して、資産を作りましょう。

中山ゆう
せっせと投資するのが一番の近道。コツコツです。

 

会社員の収入を元手に投資をすることで、働かないで生きていけるお金が貯められる期間がグッと短くなります。

ハズレ商品を買わずに、指標に連動するインデックスファンドを買い続けます。

↓忙しい会社員でもこれ買っておけばOKなインデックスファンドを紹介しています。

【長期投資】忙しい会社員はS&P500のインデックスファンドを買うのがオススメな理由

 

最後に

人間が労働をしなければならない価値観は薄れます。

無くなるとはいいませんが、弱くなります。

 

無労働にならなくとも、週休3日や半日の仕事だけになる時代が遅かれ早かれやってきます。

 

仕事=いきがい

だと、仕事がなくなった時、どうしますか?

 

いつかは定年退職をして、仕事がなくなります。

老後をニートと呼ぶと怒る人がいるかもしれませんが、ニート同然です。

 

それが少し早くやってくる時代がやってきた時のために、ニートになる準備を進めた方がいいでしょう。

 

ニートを甘えと仰る人は一生働き続けるんですか?

働く必要が無いのに。

 

中山ゆう
理想のニートを目指して、投資をがんばります!

 

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-ニート

Copyright© 元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.