30代米国株投資家。働いたくない!けどより豊かに。高配当ニートになるぞ!

元ニート、米国株ETFでガチニートを目指すブログ

投資 米国株ETF

米国株投資が前年比4倍に。米国株投資がさらに増えていく未来がやってきます


日本を含めて諸外国の株価がコロナショック時と比較すると上昇しています。

 

過去、株価が上がると日本株を購入する。

キャピタルゲインを狙う。株主優待をもらう等々が多かったと記憶しています。

 

米国株が前年比で4倍になっているとのことです。

米国株投資が増えた背景

  • 米国株が買いやすい環境になった
  • 日本株と比較して米国株の回復が早かった
  • 特別低額給付金が配られた
中山ゆう
米国株がもっと盛り上がって、投資に関心を持つ人が増えるかもしれません!

今回は米国株投資が増えたと思われる理由と今後、米国株を投資すべきか書いていきます。

米国株が買いやすくなった

この10年で米国株が簡単に買えるようになりました。

 

  • ネットで簡単に米国株が買える環境になった
  • 米国株の手数料が下がった

ネット証券だと、難しい手続きがなく、誰だって、それこそパソコンに詳しくない人でも買えるぐらい簡単に米国株を買えるようになりました。

スマホ、ポチポチでほしい株が買えるなんて、素晴らしい時代ですね。

 

ネット証券の口座開設は様々な書類が必要でめんどくさかったイメージがあります。

この間マネックス証券の口座開設をしたのですが、身分証明書もスマホのカメラで撮影して送るだけ。

それも簡単に操作できる仕組み化されていて、もうね、子供でもおじいちゃんおばあちゃんでもすぐに口座開設できるんじゃないかと思いました。

口座開設、購入も含めて、簡素化されたのは大きいでしょう。

 

マネックス証券、楽天証券、SBI証券の米国株の手数料が近年、かなり下がったというのも大きいです。

売買する株価以外にかかる諸経費は安いに越したことはありません。

とはいえ、最低取引手数料が当時5ドルかかっていたのを考えると、10,000円の株を1株買うと500円、5%かかっていると考えると少額取引する気持ちになりづらいですよね。

もちろん、取引手数料はかかるのですが、最低取引手数料がマネックス証券、楽天証券、SBI証券では横並びでかからなくなったことは投資家としてはありがたいです。

 

米国株の取引き手数料が安いSBI証券がオススメ

そんな下記よりSBI証券の口座開設ができます。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

米国株の回復が早かった

コロナショック後、米国株式の回復が早かったです。

とりわけ、ハイテクセクターにおいては株価の回復どころかかなり伸びており、コロナショック時に仕込むことができればかなりの利益が出ています。

テスラですがコロナショック前で一番高い株価が$180、コロナショック後は$85まで暴落しています。

2020年9月現在では$400を超える水準になっています。

コロナショック時の底から4倍以上の価格になっています。

2020年6月に買いを入れていれば、9月時点で倍の株価になっていたと考えると買えなくて損したとすら思うかもしれません。

一部ハイテクセクターの株価の急上昇、GAFAMを含めて日本になじみのある銘柄は人気かつ手を出しやすいことから米国株投資を始めた人も少なくないと思います。

中山ゆう
僕が保有している米国株ETFも近年の株価上昇に伴い、評価額が増えています。ありがたい!

定額給付金が配られた

国民1人あたり10万円の定額給付金が配られたことも投資する要因になったのでは?と思います。

生活に困窮していたり、子供の学費にあてる等々、生活資金として定額給付金を使った例も少なくないとは思います。

 

しかし、世の中の大多数の人は定額給付金がなくても生活ができる状態なのと、コロナ後で残業が少なくなったり、ボーナスカットになったことで新しい家電を買い替えるといった生活を豊かにするより、定額給付金を貯める方に回した人が多いはずです。

定額給付金を銀行預金に貯めている人が多いと思いますが、米国株が盛り上がっている市況を見て、言い方は悪いですがあぶく銭なので、いっちょ噛みしてやろうかと米国株投資をはじめてみる人がいます。

僕の友達にも、今まで株に一切興味がなかったですが、テレワークが増えてハイテク大手のGoogle株が今以上に上がると踏んで、SBI証券に口座開設して投資家デビューしましたからね。

今後、こういう事例で投資家がもっと増えてくるんじゃないかと思います。

最後に

まとめ

  • 米国株、主にハイテクセクター株の株価が上昇
  • 米国株購入時の手数料が下がった
  • 定額給付金による金余り、投資マネーへ

米国株の取引が4倍になったことは、すでに米国株を買っている投資家にとってはありがたいことです。

投資家が増えれば増えるほど、経済にお金が循環し、中にはtwitterやブログで発信する人が出てくると情報も入手しやすくなります。

 

ただ、米国株投資が流行っているから、値上がりしている銘柄を買っておけばいいと安易に考え、勉強せずに購入すると痛い目を見るかもしれません。

その人の背負える以上のリスクをかけて投資するくらいなら、現金で持っておいた方がマシともいえます。

 

今の時代、投資情報はtwitterやブログでも入手できます。良い書籍もたくさんあります。

まずはそういうのを一通り見て、納得できる投資手法を少額で試してみるのを周囲で投資をはじめようとする友人には勧めています。

 

しっかりと考えて、投資をした未来はきっと明るい。そう信じて、投資を続けていきましょう。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-投資, 米国株ETF

Copyright© 元ニート、米国株ETFでガチニートを目指すブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.