30代男、東京でちょっと便利になる情報を紹介していきます。

劇団よつば座

グルメ

お腹いっぱい中華ランチを食べたいなら中国茶房8 新宿店で決まり

投稿日:2019年4月3日 更新日:

f:id:cjgg:20190402210516j:plain

土日は新宿に出る確率50%、中山です。

 

新宿に行けば大抵のモノはそろいますし、いろんなサービスがあります。
とりあえず、新宿に出る。そこからどんな店に行くか、何を買うかを決めることも多いです。

 

そんな便利な街 新宿ですが高確率でどこでランチを食べようかいつも迷うのです。
新宿が大きい街であるがゆえに、飲食店が乱立しているおかげで選択肢が多すぎて決めきれなくなります。

 

お腹が空いたときに、ここに入ると決めているのが中華茶房8 新宿店です。
コスパよく、お腹いっぱい中華料理を食べたいときにオススメなこのお店を紹介いたします。
ぜひ、最後までご覧ください。

 

  • アクセス

     

    JR新宿駅東口から歩いて3丁目の方向に徒歩10分程度です。

     

    そんなに遠くないですし、大通りをまっすぐですので迷うことはないと思います。

    f:id:cjgg:20190402203822j:plain

    ビルの6Fにありますが、レストランなどが多く入っているビルですのでなかなかエレベーターが来ませんが気長に待ちましょう。

    土日のホリデーランチもお得、メニュー紹介

    f:id:cjgg:20190402204132j:plain

     

    休日のランチメニューは550円〜とコスパよしです。

     

    馴染めのあるチャーハンや焼きそばから、本格中華まで6点も選べるからこそ、かなり迷いました。

    豚肉とニンニクの芽の炒め

    f:id:cjgg:20190402204612j:plain

     

    がっつり肉を食べたい!と思って選んだのが豚肉とニンニクの芽炒めです。

     

    ランチ後に人と会う予定もありませんでしたので、ニンニクの芽を食べてスタミナをつけようとも思いました。

     

    しっかり味がついていて、強気に油っぽかったので濃い味で昼間からビールが飲みたくなりました。

     

    隣の円卓では、ランチビールを飲みながらの飲み会が開かれていて、そういう使い方もできるんだなと感心しました。

    ご飯おかわりし放題、コーヒーもサービスでお得

    f:id:cjgg:20190402204948j:plain

     

    なんで、濃い味のおかずを選んだのかというと、このお店のランチがご飯食べ放題だからです。

     

    しかも、店員さんにお願いするのではなく、自分でご飯をよそえるから遠慮なくガツガツ食べることができます。

     

    僕は3回おかわりをして、たっぷり白いご飯をかきこませてもらいました。満腹です。

     

    f:id:cjgg:20190402205206j:plain

     

    食後にはコーヒーも飲むことができます。ご飯同様にコーヒーはセルフサービスです。

    お腹いっぱい食べた後は、コーヒーを飲みながら一休みできます。

     

    これだけ食べて、コーヒーまで飲んで最安で550円だとコスパよすぎだと思います。

    PayPayでの支払いもできます

    f:id:cjgg:20190402205405j:plain

     

    お会計ですが、PayPayでの支払いができます。

     

    20%キャッシュバックをしているなら、ぜひ利用しましょう。

     

    最安値の550円の定食なら、実質でワンコインより安くなる計算でかなりお得です。

     

    キャッシュバックがないとしても、QRコード決済ができれば、財布を持たずに会計ができてめちゃくちゃ便利です。

     

    初めは戸惑いますが、使っていくうちにキャッシュレスな生活にも慣れてきます。

    最後に

    新宿でランチを食べるときに、どこにするかいつも迷います。

     

    なぜなら、新宿には良い飲食店が多すぎるのです。

     

    新宿だと好きだったお店もいつの間にか閉店してたりすることも少なくないので、中華茶房8 新宿店も長く続くことを祈っております・

     

    このお店ですが、24時間営業している稀有な中華料理屋さんなので、また夜に行った際のレポートもしてみたいと思います。

     

    最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

     

  • この記事を書いた人

中山ゆう

-グルメ

Copyright© 劇団よつば座 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.