劇団よつば座

座長がいなけりゃ、演劇もしない。

お得にシュラスコ食べ放題なら新宿 シュラスコレストランALEGRIA shinjuku3rd

f:id:cjgg:20190209144442j:plain

食べ放題ビュッフェをこよなく愛する中山が最近ハマっているのがシュラスコです。


ランチだとお得に食べられる上にお腹いっぱい食べてもディナーよりも太りにくいので罪悪感も少なめです。


新宿で何店舗がランチで食べ放題のお店がありますが、コスパがよくて本格的なシュラスコが食べられるお店を紹介したいと思います。


シュラスコって何?


鉄の串に刺さった牛肉、鶏肉、豚肉を焼き、肉の塊を目の前で切って提供するスタイルの南米料理です。


提供される肉の種類によってはお客さんが切っている途中にトングで肉を掴んでとるスタイルもエンターテイメント的でなかなか楽しいです。


シンプルに肉が食べたいとき、僕は焼肉を考えがちでしたが最近はシュラスコにハマっていまして、というのも岩塩で味付けが単純な分、肉感がより味わえるのと味に飽きてくると専用のソースで味を変えることができるので長く楽しめます。


シュラスコレストランALEGRIA shinjuku3rdのアクセス


JR新宿駅東口から徒歩10分程度、地下鉄新宿三丁目からですと徒歩3分もしない場所になります。



駅からのアクセスが良いのですが地下のお店ですので、地下にくだるのでパッと見ですと店の場所を見逃す可能性がありますので要注意です。

おしゃれな内装はデート向き

f:id:cjgg:20190209133106j:plain


壁のペイントアートがおしゃれです。


f:id:cjgg:20190209133048j:plain


店内のテーブル席ですが、窮屈感がなくて広々としています。


壁側のソファーがある席はテーブルをくっつけることもできるので大人数でのシュラスコ飲み会をしても盛り上がりそうです。


f:id:cjgg:20190209133357j:plain


店内ですがほとんどがカップルでした。ごく少数家族で来ていたのをみるぐらいで。


余裕のある店内とオシャレな雰囲気、肉を目の前で切って提供される体験はデートとして楽しいものになるに違いありません。


唯一残念だったのはトイレが男女共有のが1つしかないことです。
やはり、食べ放題だと混み合うでしょうし、男女一緒というのは女性側にはウケがよくないです。



どんな肉が出てくる?メニューの紹介

リングイッサ(ソーセージ)
フランゴ(鶏もも肉)
ピッカーニャ(イチボ)
アルカトラ(ランプ)
フラウジーニャ(ハラミ)
ベイクドポテト
ハーブチキン
ベーコンチーズ
ケージョ(焼きチーズ)
ガーリックステーキ
コストラ・デ・ポルコ(ポークスペアリブ)
オンブロ・デ・ポルコ(豚肩ロース)
オンブロ・デ・ポイ(牛肩ロース)
ズッキーニ
なす
アバカシ(パイナップル)

f:id:cjgg:20190209143527j:plain


ランチでは以上16種類が食べ放題です。ディナーだと他、ランチにないメニューもあるので夜は夜で楽しめます。


僕はこの16種類を食べ終わると腹いっぱいになってしまうくらいのボリュームで追加でおいしかったのを再度頼むお腹の余裕がありませんでした。


また、シェラスコが出てくる前にサラダが出てくるのと、一通りシェラスコを食べ終わると締めに特製カレーを出してくれます。量が選べますが、ほとんどの人がお腹いっぱいなので2口サイズの小を選んでいるようでした。

料金


¥2,800(税抜)です。


色々、シェラスコのランチ食べ放題コースを調べたのですが最安になるんじゃないでしょうか。


だいたいが¥3,000中盤から後半くらいだったので比較するとコスパ良いかと思います。


安いためもあってか他のシェラスコを出してくれるお店よりもキッチン、ホールとも少人数で回している感がありましたが、それでもサービスが決して悪いわけではありませんでした。


他、系列店が五反田と新宿御苑側に店舗があるようなので、住んでいる場所、遊ぶ場所によってはそちらにいってみてもいいかもしれません。

最後に


肉、肉、肉で当分、肉食べなくてもいいやと思えるくらい楽しめるのがシュラスコの魅力です。


おいしい肉を素材のまま食べたいときにはシュラスコ、そして、お得なランチで探してみてはいかがでしょうか。


また、恋人や友達といくと目の前で切ってくれる肉のライブ感で盛り上がります。