元ニートが30代米国株投資家。高配当とS&P500インデックスファンドで富裕層を目指す!

元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ

米国株ETF

SPYD配当金6割アップの増配!それでもSPYDの積み立てをやめて後悔なし!

SPYD配当比較

2020年3月配当 $0.396

2021年3月配当 $0.636

SPYDの配当が増配、1.6倍となりました。

昨年、コロナショック以降、米国高配当株式ETFの中でもっと株価が下がり、配当の減少から離脱者が増えました。

中山ゆう
僕もSPYDを積み立てていたのをやめました。

SPYDを買い続けた人にとっては、1年で株価が上がり、配当も元の水準まで戻り、大勝利と言ってもいいでしょう。

今回のSPYD増配から、高配当株はどのように買うべきか僕なりの見解を解説します。

高配当株ETFの仕込み時は暴落後に限る

↑1年前、SPYDは$20前半まで下落、2021年3月現在$30後半です。

底値から倍近くまで高騰しています。

仮に底値で買えずに2020年夏頃に購入していても$30を割っているので2020年3月の株価水準で3割利益が残っています。

コロナショック後にSPYDを購入した人はしっかり利益がでて、今回の高配当にあずかれました。

中山ゆう
SPYDの株価上昇と増配で資産を大幅に増やす人が出てきています。羨ましいですね。

株価高騰時に高配当株式を買いすぎは危険

↑5年分のSPYDの値動きです。

2017年〜コロナショック前の2020年3月までは若干の株価の上下はありますがなだらかです。

積み立て続けたとしても、

  • 株価上昇によるキャピタルゲインは見込みにくい
  • 米国株は二重課税

上記理由により例えば、S&P500に連動するETFのVOOを買った方がパフォーマンスが良い可能性が高いのです。

 

コロナショック以前の価格に戻った今、SPYDの価格がこの1年のような上昇は見込めないでしょう。

それならば王道のS&P500やNYダウに連動する投資信託やETFを買う方がパフォーマンスが上がる可能性が高いです。

 

米国高配当株式は暴落時に仕込むに限る

のがわかります。

SPYDは暴落に弱い

青:HDV 赤:VYM 黄:SPYD です。

このグラフを見て、米国高配当株ETFで最も下落幅が大きいのはSPYDでした。

特に株価がHDVとSPYDは近かったので比較するとわかりやすいです。

 

暴落に弱く、株価が下がり、配当まで減配になると目も当てられない結果になります。

米国高配当株式ETFの中でリスクが極めて高いのがSPYDです。

暴落時に仕込むのはアリかもしれません。

毎月積み立てに適しているかは疑問符が付きます。

2020年9月 SPYD減配で売るべきか?どういう行動を取るか紹介します

2020年9月の減配時、僕はSPYDの積み立てをやめました。

リスクが高すぎると判断しました。

2021年3月現在、SPYDからVYMに積み立て対象を変えています。

 

SPYDの株価が上がっている結果は受け止めますが、今、積み立てすべきか?と問われるとすべきでないと思います。

  • 配当をしっかりもらいたい→VYMかHDV
  • インデックス投資でコツコツ→VOO、VT

これで十分です。

配当は魅力が大きい

判断を迷わせるのは、確実にお金が入ってくる配当があるからです。

その金融商品を500万円分購入、年利3%の配当金があるなら15万円(税金は考慮せず)手に入ります。

15万円あれば、海外旅行にも行けますし、毎月1回、贅沢なディナーを食べれます。

実際の生活に直結して、目に見えて豊かになる配当金は魅力的です。

 

だからといって、全力で高配当株式を買うのはリスクがありすぎます。

資産の一部を高配当に、残りを他のアセットに割くのがちょうどいいでしょう。

SPYDの株価が今後も上がり続ける確信があれば買うといいでしょう。

そうでないなら、どのようなポートフォリオにするのか再度考え直して見てください。

↓高配当株式はポートフォリオの20%以内に抑えるべき理由を記事にしています。ご覧ください。

米国高配当株ETF(VYM,HDV,SPYD)はポートフォリオの20%以内にすべき理由

 

最後に

まとめ

  • SPYDが1.6倍の増配
  • コロナショック時、最も株価が下がったのはSPYD
  • SPYDはリスクが高い

SPYDの配当金の増配は、めでたい入手です。

株価上昇や増配に一喜一憂せずに、SPYDを積み立て続けるべきなのでしょうか。

 

中山ゆう
僕は高配当株を購入していますが、SPYDは当面買う予定なしです。

高配当株は買い時が大事で、平時は株価の上下がそこまでないので、暴落して割安の時に仕込む→値上がりで配当アップを狙うべきです。

頭では理解していますが・・・、配当の魅力で高配当の呪縛から逃れられない人もいます。

僕自身もVYM、HDVを積み立てていますしね。

 

米国株を買う第一選択はS&P500のような指標に連動する商品、プラスαとして高配当株を買うスタンスで今後も積み立てしていきます。

高配当株ホルダーの皆さんも当記事を参考にしてくれると嬉しいです。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-米国株ETF

Copyright© 元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.