30代米国株投資家。働いたくない!けどより豊かに。高配当ニートになるぞ!

元ニート、米国株ETFでガチニートを目指すブログ

投資

【質問】500万円貯金があります。老後の資産を作りたいのですがどういう投資商品を買うべきでしょうか?

2020年9月14日

500万円貯金があります。老後の資産形成するために投資に興味があるのですが、どういう投資商品を買えばいいのか悩んでいます。できればリスクは低めで何かオススメの商品や投資手法を教えてください。

- 製造業生産管理職 33歳 男性

答えとしまして、1年に50万円ベースで積み立て投資がオススメです。

中山ゆう
質問回答をしていきますので、近しい境遇の方、これから投資をはじめようとしている人は参考にしてください。

その理由と、どういう商品を買えばいいのでか紹介していきます。

ゆっくり時間をかけて投資商品を買うべき理由

投資ははじめたいと思った時がはじめ時です。

しかし、今ある資産をすべて投資商品を購入すべきかという問いにはNoと言わざるを得ません。

 

相談者様の年収や細かい性格まではわからないのですが、まずは500万円を30代で貯めたことはすごいです。

僕の周り、30代の会社員が多いですが500万円以上の金融資産を持つ人が1人、それも都庁に勤めるハイスぺ公務員ぐらいです。

リスクを取りすぎずということで、まずできることは時間分散なので、そのあたりを開設していきます。

 

今、その投資商品が安いのか、高いのかがわからないからです。

スーパーにいって、長ネギが1本150円。普段から頻繁に買い物をしている人からすると高いと感じる価格です。

すべての食事をコンビニか外食で済ませている人は、相場感覚がわからないのでこれが高いか安いのかわからないです。

スーパーの長ネギは、台風が直撃して農産物がやられたり、天候が良くて成長がいいなどで価格が上下しますが、ある程度の価格差でしかありません。

個別株だと、1年で倍以上の価格になることもあればその逆もあり得ます。

これから価格がどうなるかわからない株を持っているすべてのお金で購入するのは危険です。

 

一定期間、一定金額を購入し続ける時間投資法を使いましょう。

現在1000円の株を購入して、来月になると1200円、再来月は500円・・・と極端な値動きですが、時間を分けて購入していくことでリスクをコントロールできます。

高い時期に購入しても、安い時期でも購入できるので、全体的に資産を均すことができます。

 

これだと、資産が増えないんじゃない?と思うかもしれませんが、少しずつ株価が全体的に上昇していけばそれに合わせて資産も上昇していくのです。

逆に下がれば、同様に下がっていくのですが・・・。

それでは、どんな投資商品を買えばいいのか紹介していきます。

S&P500に連動する投資商品を買う

相談者様は年齢が若いのもあって、老後が30年以上先になります。

それならば、S&P500に連動するインデックスファンドかETFを買うのはいかがでしょうか。

 

僕自身、S&P500に連動するファンドを月5万円程度購入しています。

様々なファンド、TOPIXや日経225、新興国株式も僕は購入していますが1本紹介するなら、S&P500です。

 

S&P500はハイテク分野の割合が高く、成長が見込めることで資産増を狙えること、逆を返せば下がる可能性もありますが、長期の運用をすれば、銘柄が入れ替わるのでそのリスクも抑えることができます。

何より、米国自身がほかの国よりも今後の成長においても期待できるというのも大きいでしょう。

 

相談者様が55歳で定年退職まで5~10年となりますと、また別の回答となりますが若い相談者様なら、時間分散で十分リスクを抑えられていると思います。

安全資産を持つべき理由

Twitter上では、毎月20万円米国高配当ETFを購入しています!みたいな人がいますが、世の中から見れば限られた人です。

SNS上で可視化されているから当たり前のように感じますが、投資戦闘力が高い人を真似ると失敗するのでやめたほうがいいでしょう。

 

相談者様のようにリスクを抑えたいのならば、必ず安全資産を大きく持つべきです。

ここでいう安全資産はすぐに引き出せる現金です。

僕自身も米国株ETFでガチニートを目指すといっていますが、ポジションの8割は現金です。

このご時世、コロナで給料が減りました。会社が潰れましたなんてことは起こっても不思議ではありません。

10年でFIREしたいという目標がない限りは、現金をある程度持って精神的安定を得るべきだと思います。

 

投資商品への入金力は必要ですが、無理しすぎることはありませんよ。

毎月4万ちょっとずつ、年間50万円分投資商品を買って10年後に500万円入金すればいいのです。

10年間、また投資するための元本が増えているのでその時に何を投資すべきか、または投資しないでマイホームのローン返済にするなど考えればいいと思います。

最後に

33歳で500万円をコツコツ貯めることができた粘り強い相談者様なので、毎月決まった金額を投資する投資手法は向いているのではないかと思います。

 

資産ゼロから投資をするのが悪いことではありません。

しかし、100万円以上のお金を貯めたことがある人は継続する力がある人は、長期間に渡って投資を継続できる傾向にあります。

 

相談者様の背景はわかりませんが、学部卒だと考えて33歳だと10年間で500万円、年間50万円を貯める力がある相談者様なのできっと先、30年後にはお金に困らない未来が待っているのではないかと思いました。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-投資

Copyright© 元ニート、米国株ETFでガチニートを目指すブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.