30代男、東京でちょっと便利になる情報を紹介していきます。

劇団よつば座

雑記

年末の大掃除の前に、事前に片付けておきたいものをあげてみた

投稿日:2017年11月28日 更新日:

f:id:cjgg:20171128213255j:plain

年末といえば私生活の大部分お世話になっている自分の家、部屋の掃除で1年の汚れを落としたくなる人も多いかと思います。

年の瀬に慌ただしく掃除するのもイベントのようで楽しくもありますが、事前に労力を減らせるなら減らしておきたいじゃないですか。
僕の場合はamazonでの買い物も多いし、未開封のダンボールもいっぱいあって今から少しずつ整理しておかないと年明けまで掃除が終わらなくなるかもしれません。

今のうちに掃除しておけば良いというのがこちらです。

衣服

f:id:cjgg:20171128213322j:plain

これですね。処分に一番困るのが洋服です。

もしかしたら着るかも?と思っている服のほとんどは2度と着ません。
僕の中の目安が1年、その服に腕や足を通していなければ捨てると決めています。

特に、11月からは半袖の衣服を着ることはそうありませんよね。
※沖縄在住は除く

夏で着なかったTシャツの半分はパジャマにして、もう半分は捨ててしまいましょう。
思い入れのあるライブTシャツだから捨てられない!という人、写真に収めてから悲しいですが綺麗に折りたたんで処分するのがいいと思います。
まず着ないと思いますので・・・。

今年、生まれて初めてハーフマラソンを走った時の参加記念Tシャツ、歩かず完走したし、思い出深いですがこれを着て街を走ることはないと思ったので燃えるゴミの日に捨てました。
思い入れはありますが、それは心の中にそっとしまっておきましょう。

書籍・本

f:id:cjgg:20171128213225j:plain

かさばる上に重いのが書籍・本です。

本が好きでして、最近は電子書籍の比率も上がりましたがそれでも紙の本も毎月10冊以上は購入しています。
これがバカにならなくてですね、購入費用もさることながら場所も取るのでまた読もうと思いながら半年以上、開いていない本は処分しています。

もしも、いつか読みたくなったら?とよく言われますがそんな時はまず来ないと思います。
そもそも、その本の存在自体を今後思い出さない可能性が高いですしね。
どうしてももう1度読みたい!と思うことがあったらその時に買い直せばいいのです。

僕が好んで使っているサービスが「ブックマニア」というサービスでして。

www.bookmania.jp

ダンボールを自宅に送ってくれて、そのダンボールに読まなくなった本を詰め込んで指定日に集荷してもらえばそれで終わりです。
紐で本を縛って、決まった曜日に本を捨てる必要もない上にちょっとしたお金にもなります。

ただ、このサービスで何度も買取を依頼しましたが、キングダムやハイキューみたいな人気の漫画でない限り買取額はそんなにたかくありませんので、本を楽に処分できてほんの少しお金が入ってくればラッキーぐらいに思う方がいいですね。

いかがだったでしょうか。
場所をとる衣服や重くて処分に困る本を今のうちからお別れすることで年末の大掃除がぐっと楽になります。
時間がある時に見直してみてくださいね。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

-雑記

Copyright© 劇団よつば座 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.