元ニートが30代米国株投資家。高配当とS&P500インデックスファンドで富裕層を目指す!

元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ

投資

【FAQ】投資経験がないフリーランス20代が中長期で資産を築くにはどうすればいいですか?

はじめまして、Sと申します株式投資を考えており情報を探したところ、中山さんを見つけました。

現在はメディア運営を行うフリーランスをしている20代ですが、中山さんと境遇が似ていることもあり、投資についての本や動画などで勉強は始めているのですが、始めるのに臆病になっています。

質問に回答いただけると嬉しいです。

 

【相談者プロフィール】

  • Sさん、27歳
  • フリーランスで生計を立てている
  • 実家ぐらしにつき家賃・光熱費などの固定費が低い
  • 貯金200万円

【相談内容】

  • まだ投資をはじめたいが何を買っていいのか悩んでおり、なかなか一歩目が踏み出せない。
  • 中~長期で資産を増やしたい場合どのような銘柄を組み入れていくべきか
  • フリーランスから安定した職に就職すべきか。

 

ご質問いただきまして、ありがとうございます。

投資相談をtwitterのDMでいただきますが、その中でもかなり勉強された方だとお見受けするので、真剣にDMで回答もいたしました。

勉強しすぎるからこそ失敗する可能性もわかってしまい、なかなか行動に移せなくなっているのも理解します。

では、以下、1つずつ回答していきます。

最初に購入すべき商品はインデックスファンド

まだ投資をはじめたいが何を買っていいのか悩んでおり、なかなか一歩目が踏み出せない。

質問者様は、しっかり勉強しているからこそ、まずは買ってください。

それも極めて少額で、失敗しても痛くない金額で買います。

 

個別株だと、最小単元で100株単位となるため、数万円かかりますが、投資信託ならば100円単位で買える商品も多数あります。

その投資信託の中でも、インデックスファンド。株の詰め合わせパックのような商品を買いましょう。

AIや最先端な言葉で飾った手数料の高い投資信託は絶対避けてください。

複数銘柄で構成されているので、個別株よりも値動きはなだらかで手数料が安いです。まずは個別株よりもインデックスファンドをオススメしています。

 

インデックスファンドの中でどれを買っていいかわからないならば、S&P500に連動するインデックスファンド、さらに商品を絞ってほしいならeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を買いましょう。

米国株式の代表的な指数でもあるので、僕を含めて多くの人がポートフォリオに入れていまうs。

S&P500に連動したインデックスファンドはSBI証券でも購入可能です。以下リンクより口座開設しましょう。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

中~長期で資産形成をするならば、個別株を購入するのもアリ

現在、私の考えとしては、以下で考えております。

積立NISA:S&P500,楽天VTI

特定口座:日本個別株(多),米国個別株(少)

短期的な売買は考えていないので、企業分析を行ないつつ、個別株を中〜長期的に保有。 遠い将来のために積立NISAもした方が良いかという考えです。

質問者様に頂いた今後組み入れる予定のポートフォリオです。

積み立てNISAで手堅くインデックスファンドを積み立て、個別株を購入しながら資産を増やしていく攻守バランスがいいように見えますね。

 

個別株を買うのはアリです。

ただし、時間がたっぷりと取れるのであればです。

 

個別株をえいやで買って、どっちに転ぶか運に賭けるのは投資ではなくギャンブルです。

しっかりと投資研究を続けられるのであれば、個別株で資産拡大していくことも可能なのかもしれません。

 

僕の場合は、仕事での拘束時間が長く、自由な時間は夕食後の1時間程度、それもこのブログを書いている時間なので、まず個別株の研究ができません。

よって、インデックスファンドや米国高配当ETFのように積み立てておいて、自動操縦できるのを買っています。

 

質問者様はフリーランスという職業柄、時間的制限が少なく、自由度が高いので個別株に向き合い、結果を出せるのかもしれません。

中山ゆう
個別株を買うなら、LINE証券で1株単位で買えるのでオススメ!個別株も小さくはじめられます。

安定的な収入が入金力に繋がるので、会社員をやってほうがいい

私としては、これからの時代で会社に属すのが当たり前ではない時代になっていくと思うところもあるのですが、投資をする上でやはり資金を集めなくてはいけないので、転職したほうが良いか悩んでいるところです。

会社員になった方がいいと思います。

よほどのことがない限りは確実に入ってくる収入は今後の投資計画を立てやすいからです。

 

年収1000万円の仕事をすべきというのではなく、300万円でOKです。

加えて、質問者様は実家ぐらしで固定費が極めて少なくすみます。

 

300万円の手取りは250万円程度、年間で100万円の支出をしたとしても150万円も残ります。

月12.5万円、年利6%の投資商品を購入、それを10年間続けると2048万円となります。

質問者様が40歳を迎えるまでに2000万円以上の資産が手に入り、今後この資産を運用するだけでさらに資産を生むマネーマシーンになると言えます。

中山ゆう
雪だるまの芯を大きくする作業は地道ですが、芯が大きくなればなるほど投資の効果を実感できます!

 

最初の一文にあるこれからの時代で会社に属すのが当たり前ではない時代になっていくというのは僕も同意です。

組織の中で言われた作業をするだけで生きていけるほど甘い時代ではなくなり、自分の価値を出せないと失業する時代がすでに来ているのかもしれません。

最後に

質問者様が、27歳と若いのに投資について勉強し向かい合っている時点で将来的に大きな資産を作る可能性が高いと思います。

世間的には株=ギャンブルというイメージが根付いていて、僕も友人に株を買っていることを言ったところ、「ギャンブラーだね」と冷やかされました。

そんな世の中だからこそ無理をしすぎない投資をするだけで、世間平均よりも金融資産が高くなるはずなのです。

 

中~長期でインデックスファンドや個別株を持って資産形成をしていく中で、組み入れる比率が変わり、もしかすると仮想通貨や不動産など組み入れる商品自体も変わってくるのかもしれません。

まだまだ20代と若いからこそ、今失敗したとしても長期で見るとそこまで痛手になりません。

思い切った投資をすべきと煽るつもりはありませんが、ぜひ投資を通じて将来、経済的自由を果たせることを祈っています!

 

投資について相談したい。どうやって資産を増やせばいいの?と悩んだ人は中山のtwitterまでDMをください。

1つずつ質問に回答していきます。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

2019年よりサーフィン、プログラミングをはじめました。食は京王線の情報中心です。より良い記事をお届けできるようがんばります。

-投資

Copyright© 元ニート、米国株ETFで富裕層を目指すブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.