30代男、東京でちょっと便利になる情報を紹介していきます。

劇団よつば座

雑記

食費4万円ははたして文化的生活が守られるのか?

投稿日:

難しい問題です。人によって、お金の価値観が違うので、食費1万円でも余裕という人がいれば、10万円でも足りない人だっています。

では、手取り23万円、食費4万円は高いのか安いのでしょうか?

自炊なら食費4万円は中の下〜中の中

全ての食事を自炊したとするならば、1日の食材・調味料の費用が1,300円と考えると40,000円に収まります。

これは毎食自炊できたとするならば、そこまで難しい金額じゃあないと思うのです。

僕は自宅の立地上、周囲に外食できるお店自体がなく、スーパーが近いので土日を除けば朝、昼、夜すべて自炊をしています。

その費用が20,000円、1人暮らしの男の生活としてはなかなか優秀な数字ではないでしょうか?

それに休日のサーフィン後の飲み会、上京してきた友達との食事などが1〜2万円かかるので、交際費を含めてギリギリ食費が4万円といったところだと思います。

ただ、これは自炊するのが苦じゃないのならばという話。仕事が激務だったり、私生活でストレスがあるとしっかり自炊なんてできません。家の近くのコンビニで温めてもらったパスタを買いたくなりますよね。そうなると、4万円以内の食費は厳しくなります。

食費4万円なら外食すると健康に問題が出る

カフェでの朝食400円、1コインランチ500円、松屋の牛丼400円、毎食外食したとするならばこれで毎月40,000円ギリで収まります。

収まりますというか無理やり収めたといったところで、外食で選べる選択肢がファーストフードかコンビニ弁当のどちらかになってしまいます。

夕食は大戸屋で食べたいと思っても定食で1,000円を越えるとアウトなのでいけません。我慢して、サイゼリヤでミラノ風ドリアとドリンクバーの炭酸でお腹を満たさなければなりません。

ファーストフードや安いファミレスはおいしいです。僕も好きで月に1、2度は行きますが、決して、毎食食べるべきものではありません。

カロリー摂取で考えると金額の割にたくさんのカロリーが取れるコスパがいいかもしれませんが、健康にはよろしくありません。

牛丼、ミラノ風ドリア、ビッグマック、オリジンのからあげ弁当のローテーションだと太りますし、30歳を越えていると健康診断でも引っかかってくる可能性が大です。

仕事が忙しすぎて終電帰りだと外食せざる得ないけど、お金がないから選べるのが身体に良いとはいえない高カロリー不健康フード、これははたして文化的生活といえるのかと思いますね。

問題は時間がなくて、お金が少ないこと

食費4万円?自炊すれば余裕やろとマウントを取るのは簡単ですが、一番の問題が時間がない、精神力が削られていて、お金がないから選択肢が極めて限られていることです。

金銭的・体力的・精神的に追い詰められたまともな思考が働いていない行動って単純になって、とりあえず腹に入ればいいや・・・とコンビニでパンを食べるわけです。それが続けば、仕事のパフォーマンスが下がる。最悪、倒れることだってあるのです。

お金があれば、Uber eatsで食べたいものを頼んだり、大戸屋の定食でひじきの煮物をつけることだってできます。9時-17時の仕事で時間があれば、スーパーで買い物をして自炊することだってできます。

ツイートした彼のように時間もお金もない状況だったら絶望する気持ちもわかります。

手取り23万円、食費4万円に陥ったらどうすべきか

方法①:休職する

方法②:コストカットする

方法③:転職する

安易に進めるつもりはありませんが、激務かつ金銭的にも厳しく追い詰められているとまともな思考が働きません。一旦、休職すべきです。

そういう職場ほど、ギリギリの人数で回していて、自分がいないと仕事が未達になってしまうと当人が真面目がゆえに責任を背負ってしまい職場から離脱できません。

安心してください。あなたがいなくても、仕事はなんとかなるものです。

コストカットについては、固定費の削減です。

シェアハウスに住む、実家に戻るなどで一番大きい固定費の家賃を削ることでその浮いた費用を食費にあててしまえばいいのです。多少、ハメを外せるくらいの食費を設定できれば根本的な解決にはならないにせよ、気持ちの上で若干の余裕はできるかと思います。

最後は転職をすることです。僕が一番オススメするのは転職です。

お金がなくて、時間がない状況自体を変えなければ問題の解決にはなりません。

お金がたくさんもらえて、就業時間が短く私生活もたっぷり楽しめるようなおいしい環境は少ないかもしれませんが、お金か時間かのどちらかだけならば改善される可能性は低くないと思います。

転職はガチャ的要素があって、転職会議のような転職サイトからおおよその状況はわかりますが、部署によってブラックだったり、激務で有名なノルマ詰めありの営業系企業でも経理や総務だとホワイトだったり読めない部分はあります。

転職で全ての不満がなくなり、天国のようなホワイト企業にいけるわけではありませんが、自分が守りたいモノ、時間なのかお金なのか人間関係なのかは人によって異なりますが、改善される可能性を秘めていると思います。

最後に

手取り23万、食費4万円の暮らしをしている20〜30代の若者は多いと思います。

これよりも金銭的に苦しい人もかなり多いこと、本当に今の30代以下はお金がありません。

お金がない、時間がない、体力がない状態は時間も持ち駒もない詰将棋みたいなものでよほど器用に切り抜けられる人でないと生きていけないハードモードだと思います。

こういう状況に陥った際、逃げて自分を守ることが大事だと思います。

その選択をすることは非常に難しいことなのはわかります。が、それでメンタルを壊して、いまだにパフォーマンスが戻っていない先輩、同僚、後輩をたくさん見てきました。

身体と心を大事に、壊れてからでは取り返しがつかないので見極めをしてよりよい幸せな人生を歩めるようにしていただければと思います。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

-雑記

Copyright© 劇団よつば座 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.