30代男、東京でちょっと便利になる情報を紹介していきます。

劇団よつば座

雑記

北海道独立宣言 9話の新藤まなみを見て昔上司に詰められたのを思い出した

投稿日:

 

久々に新卒入社したばかりで何もわからない状態で上司にボコボコにされたのを思い出しました。

 

まだ見ていない人にざっくり説明します。

北海道独立宣言は北海道大樹町に若者6人で100日でレストランをオープンさせる北海道ローカルで放送されているTV番組です。同時にYoutubeでもノーカットで上がっているのでご覧ください。

以前、当ブログでも紹介しましたのでご参照いただければ幸いです。

堀江貴文(ホリエモン)プロデュース 北海道独立宣言のもやもやする不快感は何だろうか

 

今回、新藤まなみさんの言動で大樹町レストラン開店メンバーたちに衝撃が走るのをネタバレ込みで行きますのでまだ見ていない人は動画をご覧いただいてから見てくれるとうれしいです。

一連の経緯

万里彗(元AV女優)がライブを行い、駄菓子を配る企画をする

新藤まなみ(元ブランチガール) がそんな話は聞いていない。ライブ当日は予定を入れてしまっている

万里彗は大丈夫、来なくても大丈夫だよと遠慮気味に伝える

新藤まなみは予定をキャンセルしてライブに行くといい、どんどん険悪な雰囲気に。

万里彗より新藤まなみに話し合いの席を設けようとするも、新藤まなみは怒りを露わにして一切話にならず

他メンバーより、新藤まなみの衝撃の予定がバラされる。

新藤まなみの「聞いてないんだけど?」は言われたことがある人、多いはず

新卒で入社した会社、転職したての会社で権力構造がわからずに報告が漏れていて、詰められるのはよくあることです。

「それ、俺は聞いていないんだけど」

その一言を言われた時点でどんなに良い案だとしても、その提案は100%通りません。

今回のライブや駄菓子を配ること、万里彗が言い漏れてたのか、新藤まなみが聞き漏らしたのかわかりませんが言った言わないで揉めるのは多いですが、新藤まなみのキレ方、上司に反論できずにサンドバック状態で言葉の暴力を振るわれたのを思い出しましたね。

弱いものを虐げて、強いものこびへつらう醜悪さ

今回の件でも新藤まなみのさとるサンバへの当たりの強さテレビ越しで見てもつらかったです。

さとるサンバに冷たい当たり方をして、堀江貴文に提案した自然派ワインを否定されたときに同じように食い下がったりしたのかな?もしそうならオンエアされてないだけかもしれませんね。

この番組だけを見ていると、弱い人にはマウントとって、強い人には逆らわないような感じに見えてしまいますよね。

大樹町の男と函館旅行に行く予定がバラされる

万里彗の企画を聞かされていないので当日は予定を入れたという新藤まなみでしたが、他メンバーから大樹町の若い男と函館旅行に行くことをバラされてしまいます。

ここからおかしな空気に。プライベートはバラされたくないし、詮索はされたくないという新藤まなみ。

でもね、言った言わないと揉めた途中にこの予定について言ったのは新藤まなみ自身なので予定を触れられたくないというのはちょっと虫がいい話じゃないでしょうか。

アルバイトしているスナックの客と旅行に行くのが本当にこの企画の役に立つことじゃないから後ろめたかったのかもしれません。

ブランチガールだったからこそ悪いギャップができている

こじれたときに自分が折れて歩み寄った元AV女優と、その話し合いの席に乗っかるのを拒否して怒り狂う姿は地上波に出ていたタレントと対照的に映りました。

スナックで知り合ったお客さんとの交際については明言しませんでしたが、周囲のメンバーも気を使っている様子が痛々しかったです。

短い期間で知りあったバイト先のお客さんとの旅行はちょっと見映えがよろしいとは言えませんよね。

最後に

今回は新藤まなみについて、ああ、こういう人が職場にいたら仕事やりづらいしモチベーション下がるなと思って、ぐわっと書きましたが、彼女自身も慣れない環境に翻弄されながら一生懸命やっていることは間違いないとは思います。

今回思ったのは、とびぬけてできない人が見当たらないのはメンバー全体のスペックの低さにあります。

リーダーシップ取れる人がいて、みんながそこそここなせば、できない人が浮かび上がってきますがテレビからは総じて能力がないように見えます、

唯一、脱サラ役者の松野のみ、存在感を出してるというか他のメンバーが普通のことしかしていなく画角に映っても面白くありません。

そうなると、今回のようなメンバー間のケンカ、恋愛沙汰などレストラン開店と関係ないネタで放送するしかないんだろうなと勘ぐってしまいます。

ロケット発射イベントでの販売もぐだぐだで、もう見るに堪えないというか。高校生の模擬店でももうちょっとまともにやるで?という醜態を世間にさらしましたからね。

アホでもバカでも、学歴に職歴も関係がなくやる気あって思い切って行動すれば結果が出せるってとこを僕は見たいですよ。ここで踏ん張って蝦夷マルシェに成功したら、新しく何かにチャレンジしようとする人の背中を押す企画になるんじゃないかと思います。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

中山ゆう

-雑記

Copyright© 劇団よつば座 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.