劇団よつば座

座長がいなけりゃ、演劇もしない。

コスパ最高の焼肉ランチが食べたいなら美食焼肉トラジ 葉菜 西新宿店 (TORAJI HANA)がオススメ

f:id:cjgg:20190210170200j:plain

3度の飯で焼肉が出てきても大歓迎!と思っていましたが、アラサーになるとさすがに毎食焼肉はきつい中山です。


しかし、何か良いことがあったご褒美といえば焼肉を想像しますし、大好物であることに変わりはありません。


ディナーでの焼肉だと高くつきがち、食事代に加えてお酒も飲んだりすると安い焼肉屋さんでも¥4,000〜くらいはしますしね。


お腹いっぱい焼肉を食べたいときにはランチで焼肉に行きましょう!

サラダやキムチ、ナムルもいっぱい食べられる上にご飯やスープが食べ飲み放題のランチ焼肉が新宿で楽しめる美食焼肉トラジ 葉菜 西新宿店 (TORAJI HANA)を紹介していきたいと思います。


アクセス


JR新宿駅西口改札を出て、金券ショップのある通りをまっすぐ、おおよそ10分弱の場所です。



西武新宿線西武新宿駅からも近いのでアクセスが良いです。


f:id:cjgg:20190210163351j:plain


通り沿いでわかりやすい場所ですし、↑を目印にしてみてくださいね。

綺麗な店内、デートにもおすすめ

f:id:cjgg:20190210164004j:plain


よくある隣席と距離がないぎゅうぎゅう感や、油で汚れていたりがなく、クリーンな印象の店内です。


焼肉屋さんというよりサラダビュフェもあるからかファミレスのようなスッキリしています。


僕が行った際は男女のカップルが半分くらい、残りは男性同士のグループだったり、1人焼肉を楽しんでいる人がいました。


隣との距離感がしっかりあって何より清潔感がある店内ですのでデート利用も有りです。


新宿で買い物をして歩き疲れて、お腹が空いたら彼氏彼女と焼肉はテンションが上がりますよね。

コスパよし、ランチが¥1,000〜から楽しめます

f:id:cjgg:20190210164405j:plain


焼肉なら三色ランチが¥1,000〜、今日は焼肉の気分じゃなくともユッケジャン麺や冷麺は¥1,000〜格安で楽しめるのがランチの醍醐味です。


f:id:cjgg:20190210164631j:plain


カルハラランチ ¥1,200にしました。
カルビ、ハラみのどっちも楽しみたい欲求には抗えませんでした。

ライス・スープ・コーヒーは飲み放題


嬉しいのはライス食べ放題です。
焼肉(とおいしいタレ)があれば、何杯でもご飯が食べられる気分になります。


焼肉でご飯をかきこみ、スープで流し込む。至極の時間です。
次項で書きますがキムチもありますので、それでご飯1杯半食べました。


【要注意】サラダ、キムチ・ナムルは1皿ずつでおかわり不可

f:id:cjgg:20190210165113j:plain


サラダバーとキムチ・ナムルバーがあります。


ご飯、スープ、コーヒーと違い食べ放題はありません。
サラダ、キムチ・ナムルで1皿ずつです。


なので、最初に少しずつ全種類のキムチをとって、おいしかったから追加しようというのができません。


食べきれる量を予測して盛れるだけ盛るお腹との相談が大事になります。


お腹が空いているマジックでこれだけだったら食べきれると思いますが限界量を超えていることが多々あって今まで失敗してきましたので、食べきれると思っている量より少し少なめにするとちょうど良い量になると思います。
みなさんもいろいろ試してみてください。

締めにはアイスが出てきます。

f:id:cjgg:20190210165443j:plain


トラジのアイスバー


がっつりと肉、キムチ、ライスを食べた後でも甘いものだとすんなり入っていく不思議、おいしいんですよ、これが。

最後に


ランチで焼肉、お腹いっぱいになるのにコスパがめちゃくちゃいいです。


下手なランチに行くよりももしかしたら安い?と思う価格帯の美食焼肉トラジ 葉菜 西新宿店 (TORAJI HANA)でした。


マリンスポーツを江ノ島でして、始発の片瀬江ノ島から終電の新宿まで戻ってこのお店で焼肉ランチをすることも多くありました。


それだけ時間かけてもいきたくなる肉のおいしさ、サラダ、キムチ、ナムルをがっつり食べてお腹も満足できる量とオススメの焼肉屋さんです。


牛角などに比べて価格が高いイメージのあるトラジですがこの店舗ではお得に楽しめるようで、ディナーでもコスパよく、飲み会に利用するのもよさそうです。


ぜひ、新宿に立ち寄った際にランチにディナーに行ってみてください。


最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。