劇団よつば座

座長がいなけりゃ、演劇もしない。

こってりとんこつ風味 家系ラーメンなら吉祥寺 武道家

f:id:cjgg:20190121220925j:plain

ラーメンを食べる時にライスが出てくる家系ラーメンは絶対正義。中山です。


家系ラーメンのよさ、それは食べながらテーブル上の調味料で味付けを自分好みに変えていける自由さ、好きなものを好きに食べたいんじゃい!という自己主張ができる食べ物だと言えます。



さて、今回紹介するのは濃厚なスープでおなじみの家系ラーメンの道家(ブドウカ)です。


京王線ユーザーの中山が吉祥寺に行くと昼は高確率で武道家でラーメンと白いご飯を1杯では飽き足らず2杯は食べます。


そんながっつりしたラーメンが食べたいときにおすすめな武道家について知っていただければと思います。


場所は吉祥寺駅すぐそこ



吉祥寺駅をすぐの立地、3分以内の場所で迷うほうが難しいです。


道家の派手で真っ赤な看板があるので、すぐに見つけられます。

普通のラーメンで大満足、メニューを紹介

f:id:cjgg:20190121221509j:plain
f:id:cjgg:20190121221512j:plain


普通のラーメン 並が¥700です。
家系ラーメンの相場通りかちょっと安いと感じるくらいです。


普通のラーメンのトッピングはチャーシュー1枚、ほうれん草、ノリ、ネギと一般的な家系ラーメンと変わりません。


味玉やキャベツ、青ネギトッピングもおいしいですが、食があまり太くない人ならラーメン並でもしっかりお腹いっぱいになると思います。


家系ラーメンでかかせないライスを頼めば、部活帰りの元気な大学生だって満足のボリュームになるに違いありません。


こってり濃厚なとんこつ風味のラーメン


f:id:cjgg:20190121222117j:plain


濃厚のスープ、とんこつ風味のギドギドのラーメンです。


濃すぎるがゆえに麺にスープが絡みつく、カロリーがとかどうでもよくなる濃厚さで一度食べれば病みつきになりますね。


このカロリー度外視した濃いラーメンを流し込みたい衝動にかられるカウンターに並んだ男子たち、圧倒的男性比率が高いのがわかります。



昼間はライスがサービス


11:00〜18:00までライスがサービスです。


炭水化物に炭水化物で食べるのは気が引ける、僕もそう思っていた時期がありました。


関西出身ですがお好み焼きで白いご飯は食べませんでした。


ダイビング後にすきっ腹を抱えて入った家系ラーメン、そこで食べた白米。ラーメンの味は大して覚えてないですがラーメンの汁でひたしたほうれん草と一緒に駆き込むご飯のおいしさ。


麺を食べきった丼の中にご飯をぶち込んで雑炊にして、レンゲで最後の米粒まで食べきったときにラーメンライスがやめられなくなりました。


僕のラーメンライスはさておき、武道家の濃厚なとんこつベースのスープとご飯、めちゃくちゃ合いますよ。


スープにひたした海苔でご飯を巻いて食べてみるとやみつき、ああ、ラーメンの汁でライスが食べたくなります。

最後に


ラーメンはたくさんありますが、僕にとってのライスに合うラーメンで一番は武道家です。


字ずらは似ていますが武蔵家のラーメンも大好物なので、いずれ書きたいですね。店員さんも明るくて、何度も通いたくなる店です。


様々なトッピングがありますが、僕は普通のラーメンばかり食べていて、飽きがきません。


さすがに30代を迎えて健康を気にする様になってからは家系ラーメンを食べることは減りましたが、それでも無性にラーメンと白いご飯が食べたくなります。


そんなときはわざわざ電車に乗り込んで吉祥寺にいって、武道家にいくのです。


吉祥寺に行った際は一度、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。