劇団よつば座

座長がいなけりゃ、演劇もしない。

旬のおいしい魚が食べられる 経堂「魚ケン」

f:id:cjgg:20170907195239j:plain

夏も終わりかけ、涼しくなってくると日本酒を飲みながら魚をつまみたくなりますね。
小田急線、経堂を降りて南側の農大通りをまっすぐ下るとそんな新鮮な魚介を食べさせてくれるお店がありました。


店内に入るとカウンター席と、逆側にはこ上がりのちゃぶ台席があります。
ちゃぶ台は小さく、少人数で料理を広げず、少しずつつまみながら飲むのにちょうどいい広さです。

内装は無駄なモノが少なく、スッキリしていて雑多な情報が入ってこないので居心地がいいです。

1人でカウンターで飲んでも違和感なく風景に溶け込めるそんなお店です。

f:id:cjgg:20170907195827j:plain

まずはビールで乾杯して喉の渇きを、最初に頼んだのは鯨です。

親世代だと給食で鯨が出てきて好物だったと聞いていましたが、僕の頃には鯨は大人になって始めての珍しい食べ物でした。
好きではないですが、こういうのもあるんだと舌で記憶する程度だったのです。

一口食べると濃厚な味わい、脂を多く含んでいたのもあって一口二口でも胃に溜まるずっしり感覚がしました。

f:id:cjgg:20170907200240j:plainf:id:cjgg:20170907200246j:plain

ハモのてんぷらが来た頃にはビールが空いていたので、日本酒でいただきました。
日本酒のラインナップも多くて、「瀉楽」を飲みながら魚を少しつまんで1時間そこそこで店を出ました。

お会計をすると2人で¥6,000そこそこ、少し食べて日本酒を飲んだ割にはそんなに高くないですね。
しっかりお腹に溜めるものを食べてから、ここでしっとり飲むのも良さそうです。
旬の魚を味わいながらゆっくり日本酒を飲むのに良さそうなお店でした。

経堂は農大があるので、小さな学生街でありながらもこういう1人でしっとり飲めるお店も多いのでいつ来ても飽きません。
小田急線に乗った際は下北沢よりも急行でひとつ向こうの経堂に行ってみるのも良いですよ。

魚ケン

食べログ魚ケン