劇団よつば座

座長がいなけりゃ、演劇もしない。

【ネタバレあり】ついにアベンジャーズ入り!?「スパイダーマン ホームカミング」

2017年8月11日(金)より日本で解禁、放映が始まった「スパイダーマン ホームカミング」


f:id:cjgg:20170818205843j:plain
ムビチケを買った際につけてもらった特典のイヤホンコードリールです。
無料でしたがゴム製で作りもしっかりしていて、イヤホンではなく充電ケーブルを巻きつけて使っています。
ケーブルを引っ張るのがスパイダーシューターみたいで気持ちがいいですよ。

3人目の主人公を演じるのは?

実写映画版のスパイダーマンシリーズでは、主人公となりますピーター・パーカー役は「トム・ホランド」でまだまだかわいらしい15歳の少年です。
また、前の2作品で描かれた様なスパイダーマンになる経過はなく、蜘蛛にかまれてという言葉のみでの説明でした。
ヒロイン役にヒロイン役リズに「ローラ・ハリアー」、同じく前作までは白人だったのが今回は有色人種、この辺は人種を意識しての配役なのかもしれませんね。
あっ、最大の驚き、メイおばあさんが・・・美魔女化、きれいになっています。ベンおじさんもイケメンになって出てくるかと思いきや、そもそも出て来ませんでした笑

他、本作はアベンジャーズの世界観を強く引き継がれていてトニー・スターク、ハッピーも重要な役柄で出て来ますのでアベンジャーズシリーズやキャプテン・アメリカ シビルウォーをご覧になられている方はああ、このシーンは!と繋がりを意識できる配役にもなっています。

アベンジャーズの世界観って?

映画自体の時間軸がキャプテン・アメリカ シビルウォー後となっています。

そこでのスパイダーマンの活躍はシビルウォーを見ての通りで、見ていなくとも楽しめる作品にはなっていますができるならばシビルウォーは見た方がより楽しめます。
今はTSUTAYAだと準新作、もしかすると旧作になっているのでしょうか。予習してから見るのが良いです。
また、学校の授業中、ビデオ講義に出演するキャプテン・アメリカも見所です。アベンジャーズの文字通りのキャプテンポジションらしい優等生的で物語に絡むことはありませんが、マーヴェルが好きならにやけてしまうこと間違いなしです。

トニー・スタークとの関係性

これが一番気になる人も多いはず。アイアンマンが絡むと予告が見ていてどの様になるのかとわくわくしていましたがその期待を裏切ることなくでした。スタークは「自分の様になるな」という言葉、素直にスタークの役に立ちたいピーターの気持ちが空回りするあたりもどかしいですが、今作ではスタークは大人側としてピーターを導く役割で今までの作品にはない関わり方でした。
実は、スタークがパーカーを信頼して影から支えて見守っているのは胸が熱くなりました。

唯一残念だったのが今回のヴィランが闇落ちする動機が弱いのとラストの戦闘シーンに派手さというか爽快なアクションが欠けてた様に感じて。もっとスッキリできるかと思いきや、それは次回作に期待ですね。

さて、どうでしょう。「スパイダーマン ホームカミング」始まったばかりなのでぜひ劇場で見てください。
劇場で見た方は次回作を待ちながら、きっとパーカーが子供から大人になるあたたかい物語が見れるんじゃないかと予想しています!

HULUで前作のスパイダーマン、時期によりますがアベンジャーズを含めたマーヴェルヒーローたちも見れます。
これを機会に予習して映画館に行くと楽しさが増えます。